2013年7月17日の日記

松江の花図鑑>日記



2013年7月17日(水) 八雲町矢谷〜天宮山
 今日は5年以上前にはよく行っていた山へ入ってみようと出かけました。しかし山道は途中から、しばらく人も入っていないようで背丈の高い草に覆われ、歩ける状態ではありませんでした。どんどん歩ける山が減っていくのは、寂しいかぎりです。
 山の谷あいの道の脇に背の高いイラクサ科の草本がありました。葉は光沢があり、鋸歯が整い、対生でなければアオカラムシかと思われるようなものでした。葉の先は長くとがり、もっと葉が細ければナガバヤブマオを考えたと思いますが、下部の葉は円形に近いほど丸みのある大きな葉でした。 これもナガバヤブマオの変異の範疇のようです。
 ヒナノウスツボは木陰になった足場の悪い場所にあり、おまけに風に揺れたりして、ピントも合わず、手振れになるし、全く写真にはなりませんでした。
マルバウマノスズクサ ミゾカクシ ニガカシュウ
大庭
マルバウマノスズクサ
大草
ミゾカクシ
八雲
ニガカシュウ
ナガバヤブマオ ミヤマイラクサ サツマイナモリ
八雲
ナガバヤブマオ
八雲
ミヤマイラクサ
八雲
サツマイナモリ(果実)
ヒナノウスツボ マルバマンネングサ ヌマトラノオ
八雲
ヒナノウスツボ
八雲
マルバマンネングサ
八雲
ヌマトラノオ
地 図


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑