2006年10月22日のサイクリング日記

松江の花図鑑>日記

2006年10月22日(日) 宍道へ
 今日は9月24日にホシクサらしいものを見つけた場所にもう一度行ってきました。同じ田んぼに入って探しても、小さなものなので見つからず、回りの田んぼを歩いても見つからず、最後にもう一度最初の田んぼをじっくりと見たら見つかりました。あれから1か月経っているので、株も少し大きくなって花茎が何本も立っていました。花は5mm位の小さなものなので、写すのが大変です。
 午後からは曇って空が暗くなってきたので、早めに帰ろうとしましたが、それでもと玉湯から忌部の道を通ることにしました。山越えの急な坂道を上がっていると、上向きに種をつけたものがあり、何だろうと、花を探すと、どうもナデシコ科のようです。(後から調べるとフシグロでした。)また一つ新しい花が増えました。オトコエシの実を写したいと思っているところへ、ちょうど白い花がまだ少し咲いているものがあり、見てみると、1cm位の丸いものがあり、これは虫えいとわかりました。
 いつものように忌部高原の休憩所でコーヒーを飲んで、400mをいっ気に走り下って帰りました。  
ヒナギキョウ ヒナギキョウ ヒロハホウキギク
宍道
ヒナギキョウ
宍道
ヒナギキョウ(実)
宍道
ヒロハホウキギク
ヒメムカシヨモギ オオアレチノギク ホシクサ
宍道
ヒメムカシヨモギ
宍道
オオアレチノギク
宍道
ホシクサ
フシグロ オトコエシ オトコエシ
玉湯
フシグロ
玉湯
オトコエシ(実)
玉湯
オトコエシ(虫えい オトコエシミフクレフシ)

島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑