樹木の虫えい(虫こぶ)


松江の花図鑑Top >花図鑑目次>樹木の虫えい(虫こぶ)
 虫えい(虫こぶ)とは虫などによる刺激によって、植物の一部が縮小したり肥大したりして、異常な形状になったものをいうようです。虫えいは主に新芽や新葉、蕾、花など、その年の新しくできたところへ虫などが産卵して作られるようです。
 虫えいの名前は、植物の名前+虫えいのできた場所+虫えいの形+"フシ"(虫えいを表す。)という形でつけられます。
 例:アオキミフクレフシ=アオキ+ミ(実)+フクレ(膨れ)+フシ
 参考サイト虫えいについて 北海道の虫えい(虫こぶ) 山・街・雑感  寄主植物別虫えい名(PDF)
アオナラガシワ  アオキ  アカガシ  イヌシデ  エゴノキ  エノキ  カゴノキ  カジノキ  カシワ  ガマズミ  カラミザクラ  キヅタ  クコ  クサイチゴ  クサギ  クヌギ  クマイチゴ  グミ  クリ  ケヤキ  コツクバネウツギ  コナラ  コハウチワカエデ  シラカシ  ソヨゴ  タニウツギ  タブノキ  チシャノキ ツツジ  テイカカズラ  ナラガシワ  ヌルデ  ノイバラ  ノグルミ  ノブドウ  ハイイヌツゲ  フジ  マタタビ  ミヤマガマズミ  モチノキ  ヤブニッケイ  ヤブムラサキ  ヤマザクラ  ヨシノヤナギ  リョウブ 

名前をクリックすると種の説明文が表示されます。
アオキ(ナンゴクアオキ) アオキミフクレフシ アオキミタマバエによって実が不規則に膨れ変形する。正常の実よりやや小さい。表面は平滑で緑色、部分的に赤みを帯びることもある。内部には1〜18匹の幼虫が入る。
2014年3月3日

アオキミフクレフシ

アオキミフクレフシ

アオキミフクレフシ


アカガシ アカガシハイボケフシ フシダニの一種によって葉の表面へ半球形に膨らみ、直径2〜3mm、高さ1〜1.5mmで表面は平滑、緑色ないし黄緑色。葉の裏側は凹んで白色〜淡褐色の毛を密生する。
2006年2月19日 2007年12月23日

アカガシハイボケフシ

アカガシハイボケフシ


イヌシデ イヌシデメフクレフシ ソロメフクレダニというダニの一種によって芽が変形するえいで、頂芽の鱗片が肥大し、1つの芽が松かさ状に大きく膨らんだもの。芽の幅は28mm、長さ25mmで褐色になる。鱗片の外側は黄白色の長毛を密生した堅い皮殻となり、内側は柔組織が縦の方向に多数ひだ状に突出し、たがいにからみ合ったもので、その間に無数のダニが見られる。
2008年3月15日 2010年2月7日

イヌシデメフクレフシ

イヌシデメフクレフシ


エゴノキ エゴノネコアシ エゴノネコアシアブラムシによって形成される黄色〜黄緑色の虫えいで、ネコの足に似る。十数個の独立した房室からなり、各房室は紡錘形で長さ約20mm、直径5mm程度。最初閉じているが、有翅虫の出現期には先端が小さく裂開する。
2004年6月26日

エゴノネコアシ

エゴノキ エゴノキハウラケタマフシ タマバエの1種によって、葉裏に形成される。直径2〜7mmのほぼ球形。表面は淡緑色か紅色を帯び、白い長毛が粗生する。葉表はほとんど膨れない。内部は1個の室があり、1匹の幼虫が入る。
2008年5月17日 2007年6月30日

エゴノキハウラケタマフシ

エゴノキ

エゴノキ エゴノキメフクレフシ タマバエの1種により、枝の先に近い腋芽や頂芽が先端の尖った卵形に膨れ、高さ5.0から16.0mm、直径5.0から10.0mmの虫えいとなる。表面は黄緑〜緑色、光沢がある。日があたる部分は淡紅色を帯びる。虫えい壁は1.5〜2.0mmで水分に富む。内部は比較的大きな幼虫室となっており、1〜8匹の淡黄〜黄色の幼虫がいる。
2008年5月17日

エゴノキメフクレフシ

エゴノキメフクレフシ

エゴノキ エゴノキハツボフシに似るが、エゴノキハツボフシは葉の中肋や葉柄にできるという部分で違っている。
2008年5月17日

エゴノキ

エゴノキ (虫えいではない。)オトシブミの揺籃。エゴツルクビオトシブミ等が葉を丸めて産卵する。
2006年6月18日

オトシブミ


エノキ エノキハコブフシ エノキコブタマバエによって葉裏の葉脈に沿って形成される半球形〜楕円体の虫えいで、長径3〜6mm、短径2〜4mm。表面はやや平滑で白〜淡緑白色になる。葉表の部分はほとんど膨れず、葉脈に沿って細いすき間がある。内部は中空の大きな幼虫室となっており、白色の幼虫が1匹ずつ入っている。
2006年7月15日

エノキハコブフシ

エノキ

エノキハイボフシ フジダニの一種によって葉に形成される袋状の虫えいで、葉表に不規則な形に突出する。直径は1.5〜2mm、長さは4〜5mmで、曲がりあるいは捻れて先端は鈍頭で終わる。表面は黄緑色になり平滑、まれに褐色毛を散生することがある。葉裏の部分は凹んで孔となり、周囲に褐色長毛を密生する。えいの壁は薄く、その内面にも褐色長毛を密生して、ダニの生育場所を作っている。
2006年8月26日 2006年8月26日 葉裏

エノキハイボフシ

エノキハイボフシ


カゴノキ カゴノキハイボフシ? フシダニの一種により形成される。
2007年10月28日

カゴノキハイボフシ

カゴノキハイボフシ



カジノキ クワハミャクコブフシ? クワハコブタマバエによって葉の主脈あるいは側脈に沿って、葉裏側にふくれた虫えい。表面は白色の軟毛で包まれる。
2008年8月30日

カジノキ

カジノキ



カシワ ナラハグキコブフシ ナラハグキコブタマバチによって、葉柄部に形成される虫えいで、コブ状に肥大し軟毛が密生する。
2006年7月15日 2006年7月15日

ナラハグキコブフシ

ナラハグキコブフシ


ガマズミ ガマズミミケフシ ガマズミミケフシタマバエの寄生によりできる。正常果の3〜4倍に肥大し、白〜黄白色の短毛におおわれる。
2007年10月28日

ガマズミミケフシ



カラミザクラ ミザクラハベリフクロフシ ミザクラコブアブラムシの寄生によりできる。葉の縁にでき、葉裏側に折れ、屈曲部は少し肥厚する。表面はざらつく。黄緑〜淡紅色。
2008年6月15日 2008年6月15日

ミザクラハベリフクロフシ

ミザクラハベリフクロフシ



キヅタ キヅタツボミフクレフシ キヅタツボミタマバエによって、蕾が直径6mm、長さ15mm前後の卵形に肥大した虫えい。
2006年2月19日 2006年2月19日

キヅタツボミフクレフシ

キヅタツボミフクレフシ



クコ クコハフクレフシ クコフシダニにより葉の両側にいぼ状のえいができる。
葉表 2004年10月30日 葉裏

クコハフクレフシ

クコハフクレフシ


クサイチゴ クサイチゴハクボミケフシ ?。(フシダニの一種によるもの。)
葉表 2006年8月5日 葉表 2006年8月5日

クサイチゴハクボミケフシ

クサイチゴハクボミケフシ


クサギ クサギハコブフシ 葉の裏にこぶ状のえいができる。(フシダニの一種によるもの。)
葉裏 2009年9月21日 葉裏 2009年9月21日

クサギハコブフシ

クサギハコブフシ


クヌギ クヌギハナカイメンフシ クヌギハケタマバチが雄花序に寄生し綿球状に肥大する。
2006年4月23日

クヌギハナカイメンフシ

クヌギ クヌギエダイガフシ クヌギエダイガタマバチが寄生することによりできる。
2006年3月11日

クヌギエダイガフシ

クヌギ ナラハスジコブフシに似ているように思えるが不明。
2008年6月15日 葉裏

ナラハスジコブフシ

ナラハスジコブフシ

クヌギ クヌギエダヒメコブフシに似ているように思えるが不明。
2008年6月15日

クヌギエダヒメコブフシ


クマイチゴ クマイチゴハクボミケフシ ?。(フシダニの一種によるもの。)
2006年8月26日 2006年8月26日

ハクボミケフシ

ハクボミケフシ


グミの仲間 グミメフクレフシ タマバエの一種による。
2006年8月26日 2006年8月26日 2006年8月26日 切断面

グミメフクレフシ

グミメフクレフシ

グミメフクレフシ


クリ クリメコブズイフシ クリタマバチが新芽に寄生し、準球形または紡錘型のこぶをつくる。表面には葉がでる。
2006年4月22日 2006年1月15日

クリメコブズイフシ

クリメコブズイフシ

クリ クリハイボフシ クリフシダニによって葉に作られ、表裏 両側へイボ状に膨らむ。
2008年6月8日 葉裏

クリハイボフシ

クリハイボフシ


ケヤキ ケヤキハフクロフシ ケヤキヒトスジワタムシが寄生することにより、新葉の展開とともに葉表に有柄で袋状のこぶができる。
2006年7月2日 2008年5月17日

ケヤキハフクロフシ

ケヤキハフクロフシ

ケヤキ ケヤキハウラコタマフシ(仮名) タマバエによるものと思われる。。葉裏に直径数mmのもの。薄葉先生によるとケヤキコタマフシ或は未記録の可能性。
2007年6月30日

ケヤキ


コツクバネウツギ ツクバネウツギメフクレフシ タマバエの1種が寄生することによる。
2008年9月1日

コツクバネウツギ

コツクバネウツギ


コナラ ナラハタイコタマフシ ナラハタイコタマバチによって、コナラなどの若葉に形成される虫えいで、表裏両面にほぼ同じくらい隆起し、両方の先端がやや平らになる。
2006年5月21日

ナラハタイコタマフシ

コナラ ナラメリンゴフシ ナラメリンゴタマバチによって前年枝の頂部の越冬芽の1〜3個が大きく球形に膨らんでできた虫えいで、大きなものは直径が数センチになる。淡緑色ないし黄白色で、日にあたった部分は赤色をおびる。
2006年5月21日 2006年5月28日 2006年5月28日

ナラメリンゴフシ

ナラメリンゴフシ

ナラメリンゴフシ

コナラ ナラハマダラケタマフシ に似ている?。(ナラハマダラケタマバチによって、コナラの葉柄や葉脈 に作られる卵型の虫えい。)
2006年5月28日

コナラ

コナラ ナラハグキコブフシ に似ている?。(ナラハグキコブタマバチによって、葉柄部に形成される虫えいで、コブ状に肥大し軟毛が密生する。)
2007年5月20日 2007年5月20日 裏面 2007年5月20日

ナラハグキコブフシ

ナラハグキコブフシ

ナラハグキコブフシ

コナラ (虫えいではない。)揺籃。
2007年5月20日

揺籃


コハウチワカエデ 不明 
2009年4月19日 葉裏


シラカシ カシハイボフシ フシダニの一種によってシラカシの葉の表面に隆起したえいが形成される。
2006年1月29日

カシハイボフシ


ソヨゴ ソヨゴメタマフシ ソヨゴタマバエが寄生することによってできる。
2006年4月22日 2005年12月30日

ソヨゴメタマフシ

ソヨゴメタマフシ


タニウツギ ウツギメタマフシ ノブドウミタマバエが側芽に寄生することによってできる。ほぼ球形。数枚の短縮変形した葉がつく。
2007年5月20日 2007年5月20日

ウツギメタマフシ

ウツギメタマフシ


タブノキ タブノキハウラウスフシ タブウスフシタマバエが寄生することによってできる。
2006年6月18日 2006年6月18日

タブノキハウラウスフシ

タブノキハウラウスフシ


チシャノキ チシャノキツボミフクレフシ タマバエの一種が寄生することによってできる。
2014年8月2日 2014年8月2日 2014年8月2日

チシャノキツボミフクレフシ

チシャノキツボミフクレフシ

チシャノキツボミフクレフシ


テイカカズラ テイカカズラミサキフクレフ テイカカズラミタマバエが寄生することによってできる。対になるべき二つの実が一つになる。
2009年11月23日 2009年11月23日

タブノキハウラウスフシ

タブノキハウラウスフシ


アオナラガシワ 不明
2006年5月21日

アオナラガシワ

ナラガシワ ナラハマダラケタマフシ に似ている?。(ナラハマダラケタマバチによって、葉柄や葉脈にできる卵形の虫えい。)
2006年5月28日

ナラガシワ

ナラガシワ ナラメイガフシ ナラメイガタマバチの幼虫が冬芽に寄生することによってできる。表面には 多数の針状片が着生し、イガ状になる。
2003年9月15日 2007年2月12日

ナラメイガフシ

ナラメイガフシ


ヌルデ ヌルデハイボケフシ ヌルデフシダニが葉に寄生することによる。表面はいぼのようにふくらみ、裏面はへこんで白い毛が密生する。。
2006年8月14日 2006年8月14日 2006年8月26日

ヌルデハイボケフシ

ヌルデハイボケフシ

ヌルデハイボケフシ

2006年8月26日 葉裏

ヌルデハイボケフシ

ヌルデ ヌルデミミフシ ヌルデシロアブラムシが葉柄に寄生し袋状のえいを作る。秋になると脱出口が開き有翅虫が飛び出す。
2006年10月28日 有翅虫が無数にいる。 切断面

ヌルデミミフシ

ヌルデミミフシ

ヌルデミミフシ


ノイバラ バラハタマフシ バラハタマバチが葉に寄生することによる。表面に突起がある。
2006年6月18日 2006年6月18日

バラハタマフシ

バラハタマフシ


ノブドウ ノブドウミフクレフシ ノブドウミタマバエによって実に形成される球形の虫えいで、直径8.4〜16.9mm。表面は滑らかで、黄白色ないし紅赤色。
2014年10月23日 2014年10月23日 2014年10月23日

ノブドウミフクレフシ

ノブドウミフクレフシ

ノブドウミフクレフシ


ハイイヌツゲ イヌツゲメタマフシ イヌツゲタマバエが葉腋の芽に寄生することによってできる。
2006年1月11日 2007年10月28日

イヌツゲメタマフシ

イヌツゲメタマフシ


フジ(ノダフジ) フジハフクレフシ タマバエの1種により葉の表裏にふくれる球形〜レンズ型の虫えい。
2008年5月17日

フジハフクレフシ

フジハフクレフシ


マタタビ マタタビミフクレフシ マタタビアブラムシやマタタビミタマバエが花に寄生することによってできる。
2005年6月25日 2006年9月2日 2006年9月2日

マタタビミフクレフシ

マタタビミフクレフシ

マタタビミフクレフシ


ミヤマガマズミ ミヤマガマズミツボミトジフクレフシ タマバエの1種により蕾が開花せず、花弁の部分が白〜汚褐色でやや膨れる。
2007年5月3日 縦に切断した。 2008年5月17日

ミヤマガマズミツボミトジフクレフシ

ミヤマガマズミツボミトジフクレフシ

ミヤマガマズミツボミトジフクレフシ


モチノキ モチノキメタマフシ イヌツゲタマバエが新芽に寄生することによってできる。
2006年2月19日

モチノキメタマフシ


ヤブニッケイ ニッケイハミャクイボフシ ニッケイトガリキジラミによって葉の表面に隆起したえいが形成される。
2006年2月19日 2006年5月14日

ニッケイハミャクイボフシ

ニッケイハミャクイボフシ


ヤブムラサキ ヤブムラサキハグキコブフシ と思われる。ムラサキシキブハグキタマバエによって、枝の先端や葉柄、中肋が膨れ、葉身が捻れたりする。黄緑〜緑色で、表面には微毛が密生する。
2006年9月2日

ヤブムラサキ


ヤマザクラ サクラハチヂミフシ サクラコブアブラムシの寄生により、葉は裏面を内側にして巻縮する。虫こぶは紅〜淡紫紅色になり、葉肉は肥厚する。
2006年5月28日

サクラハチヂミフシ


ヨシノヤナギ ヤナギエダマルズイフシ ヤナギマルタバエにより枝に作られ、卵形〜紡錘形、直径10mm、長さ15mm内外。
2009年12月27日

ヤナギエダマルズイフシ


リョウブ リョウブハタマフシ タマバエの一種により葉の表裏にほぼ球形のえいができる。幼虫は葉裏側から脱出する。
2006年8月28日 2006年8月28日 葉裏

リョウブハタマフシ

リョウブハタマフシ


ツツジの仲間 もち病菌により、新葉または新芽の一部が著しく肥大してこぶ状の菌えいが形成される。上面はくぼみ、袋状となる。葉縁に形成されると耳形となる。
2006年6月3日

ツツジ


ノグルミ 虫えいかどうか不明。単なる成長不良なのか?
2006年6月3日

ノグルミ


<花図鑑目次へ> 野草の虫えい(虫こぶ)へ