樹木の冬芽と葉痕 科別 タ


松江の花図鑑Top >花図鑑目次>樹木の冬芽と葉痕 科別タ


 冬芽は冬の時期に枝の先や途中についている葉や花の芽のことをいい、毛で覆われたもの、芽鱗(がりん)で覆われたもの、副芽という予備の芽を持ったものなど色々な形がある。
 アカメガシワやムラサキシキブなどのように小さな葉の形をした裸芽(らが)や、コナラやタブノキなどのように魚のうろこのようなもの(芽鱗)に包まれているものがある。葉芽と花芽がいっしょに入っているものを混芽という。
 さらに、葉柄がついていたあと(葉痕)やその中の維管束痕の形も様々で、落葉樹では木の名前を調べるときに役立つ。
参考サイト 冬芽と葉痕集 Taさんの冬芽図鑑 愉快な冬芽・葉痕達

科別                  
タ    

ツツジ科
アセビ卵形。
アセビ アセビ アセビ
シャシャンボ冬芽は小さく、半球形で褐色、短毛が散生する。芽鱗は4対。葉痕はハート形で、維管束痕は3個。
シャシャンボ シャシャンボ シャシャンボ
ナツハゼ長さ1〜2mmの卵形で先は尖る。芽鱗は赤褐色で6〜8個。葉痕は三日月形でやや隆起する。
ナツハゼ ナツハゼ ナツハゼ
ネジキ芽鱗は紅色で2個が向き合う。
ネジキ ネジキ ネジキ
ヤマツツジ長さ1cmほどの卵形。越冬葉に囲まれる。芽鱗には褐色の伏した鱗片状の毛が密生する。葉痕はほぼ半円形。維管束痕は1個。
ヤマツツジ
アクシバ長さ3〜4mmの狭楕円形。芽鱗は2個で無毛。葉痕は三日月形〜扁円形。維管束痕は1個。
アクシバ アクシバ アクシバ

ツヅラフジ科
ツヅラフジ隠芽で少し顔をだす。副芽がある。上へ
ツヅラフジ ツヅラフジ ツヅラフジ
ハスノハカズラ
上へ
ハスノハカズラ ハスノハカズラ ハスノハカズラ

ツバキ科
サザンカ葉芽は長さ8〜12mmのやや扁平な紡錘形。芽鱗は緑色で5〜7個。表面には白い毛が生える。
サザンカ サザンカ サザンカ
チャノキ
チャノキ
ナツツバキ長さ9〜13mmの紡錘形で扁平。芽鱗は2〜5個。
ナツツバキ ナツツバキ ナツツバキ
ヤブツバキ葉芽は細長く無毛。花芽は卵形で先はとがる。
ヤブツバキ ヤブツバキ ヤブツバキ

トウダイグサ科
アカメガシワ裸芽であり、星状毛や腺点に覆われている。葉痕は丸くて大きい。
アカメガシワ アカメガシワ アカメガシワ
アブラギリ頂芽だけが発達する。頂芽は半球形で長さ7〜12mm。芽鱗は7〜12個。葉痕は円形で大きく、左右に托葉痕がある。
アブラギリ アブラギリ アブラギリ
シナアブラギリ冬芽は、頂芽だけが発達する。頂芽は半球形で長さ7〜12mm。葉痕は円形で大きく、左右に托葉痕がある。
シナアブラギリ シナアブラギリ シナアブラギリ
ナンキンハゼ丸みのある三角形で扁平。葉痕は半円形で、左右に托葉が変化した突起がある。維管束痕は3個。
ナンキンハゼ ナンキンハゼ ナンキンハゼ
シラキ仮頂芽は長さ3〜5mmの長三角形。芽鱗は2個。無毛。葉痕は半円形で大きく、維管束痕は3個。葉痕の角に托葉痕がある。
シラキ シラキ シラキ

トベラ科
トベラ
トベラ トベラ

科別                  

<花図鑑へ> <次へ>