樹木の冬芽と葉痕 科別 サ


松江の花図鑑Top >花図鑑目次>樹木の冬芽と葉痕 科別サ


 冬芽は冬の時期に枝の先や途中についている葉や花の芽のことをいい、毛で覆われたもの、芽鱗(がりん)で覆われたもの、副芽という予備の芽を持ったものなど色々な形がある。
 アカメガシワやムラサキシキブなどのように小さな葉の形をした裸芽(らが)や、コナラやタブノキなどのように魚のうろこのようなもの(芽鱗)に包まれているものがある。葉芽と花芽がいっしょに入っているものを混芽という。
 さらに、葉柄がついていたあと(葉痕)やその中の維管束痕の形も様々で、落葉樹では木の名前を調べるときに役立つ。
参考サイト 冬芽と葉痕集 Taさんの冬芽図鑑 愉快な冬芽・葉痕達

科別                  
サ    

サクラソウ科
ヤブコウジ
ヤブコウジ ヤブコウジ
カラタチバナ
カラタチバナ カラタチバナ カラタチバナ
マンリョウ
マンリョウ マンリョウ
センリョウ
センリョウ センリョウ

サルトリイバラ科
サルトリイバラ1枚の芽鱗に包まれた先端の尖った三角形。
サルトリイバラ サルトリイバラ サルトリイバラ

シソ科
クサギ裸芽。紫褐色で軟毛がある。頂芽は円錐形。側芽は半球形、卵形。葉痕はハート形で維管束痕は5〜9個でU字形に並ぶ。
クサギ クサギ クサギ
ムラサキシキブ裸芽。紡錘形で長さ2〜5mmの柄がある。葉痕は円形〜半円形、維管束痕は1個で突出。
ムラサキシキブ ムラサキシキブ ムラサキシキブ
ヤブムラサキ裸芽で、枝までも灰白色の星状毛が密生する。頂芽、側芽とも柄がある。葉痕は円形または半円形、維管束痕は1個で突出する。
ヤブムラサキ ヤブムラサキ ヤブムラサキ
ハマゴウ副芽がある。
ハマゴウ ハマゴウ ハマゴウ

ジンチョウゲ科
ミツマタ裸芽で互生し、頂芽は被針形か長楕円形。
ミツマタ ミツマタ ミツマタ
コショウノキ
コショウノキ


スイカズラ科
ウグイスカグラ長さ2〜4mmの卵形。芽鱗は1〜2対。徒長枝には葉柄の基部が広がり、対の葉柄の基部と合着したつばが残っている。
ウグイスカグラ ウグイスカグラ ウグイスカグラ
スイカズラ狭卵形。芽鱗は暗赤褐色で、先は圧着せずにそりかえる。芽鱗には腺点がある。
スイカズラ スイカズラ スイカズラ
タニウツギ卵形。芽鱗は褐色で7〜8対。葉痕は腎臓形〜三日月形。維管束痕は3個。
タニウツギ タニウツギ タニウツギ
コツクバネウツギ
コツクバネウツギ コツクバネウツギ コツクバネウツギ

センダン科
センダン平たい球形。芽鱗は褐色で、灰色〜淡褐色の星状毛が密生する。葉痕はT字形。維管束痕は3個。
センダン センダン センダン

科別                  

<花図鑑へ> <次へ>