樹木の冬芽と葉痕 科別ラ


松江の花図鑑Top >花図鑑目次>樹木の冬芽と葉痕 科別ラ


 冬芽は冬の時期に枝の先や途中についている葉や花の芽のことをいい、毛で覆われたもの、芽鱗(がりん)で覆われたもの、副芽という予備の芽を持ったものなど色々な形がある。
 アカメガシワやムラサキシキブなどのように小さな葉の形をした裸芽(らが)や、コナラやタブノキなどのように魚のうろこのようなもの(芽鱗)に包まれているものがある。葉芽と花芽がいっしょに入っているものを混芽という。
 さらに、葉柄がついていたあと(葉痕)やその中の維管束痕の形も様々で、落葉樹では木の名前を調べるときに役立つ。
参考サイト 冬芽と葉痕集 Taさんの冬芽図鑑 愉快な冬芽・葉痕達

科別                  
ラ    
リョウブ科
リョウブ2枚の芽鱗につつまれているが、冬の間にとれる。
リョウブ リョウブ リョウブ

レンプクソウ科
ガマズミ 長さ5mmぐらいの卵形で、芽を包む芽鱗は2対あって、外側の1対が小さい。表面には毛が生えている。
ガマズミ ガマズミ ガマズミ
コバノガマズミ卵形でやや開出し、対生する。芽鱗は2対で褐色、毛が多い。外側の芽鱗が小さい。
コバノガマズミ コバノガマズミ コバノガマズミ
ヤブデマリ長さ4〜9mmの長楕円状披針形。表面には星状毛が多い。2個の芽鱗が合着して冬芽を包んでいる。
ヤブデマリ ヤブデマリ ヤブデマリ
ニワトコ長卵形〜卵形。混芽はほぼ球形でおおきく、反対側が下になると小さな葉芽になる。芽鱗は4〜6対。葉痕は半月形で維管束痕は3〜5個。
ニワトコ ニワトコ
ヒロハゴマギ頂芽は長さ1.5〜2cm。先は尖る。側芽は5〜8mm。芽鱗は2対あり、外側の芽鱗は無毛で小さく、早く脱落する。
ヒロハゴマギ ヒロハゴマギ ヒロハゴマギ
ミヤマガマズミ冬芽の芽鱗は2対あり、外側の1対は小さい。全く毛のないものや、粗い毛が目立つものがある。
ミヤマガマズミ ミヤマガマズミ ミヤマガマズミ

科別                  

<花図鑑へ> <次へ>