ユズリハ(譲葉)

常緑高木
東北地方南部以西〜沖縄の暖地常緑樹林内に生える。樹皮は灰褐色で縦に筋が入り、楕円形の皮目がある。若い枝は紅色を帯びる。古い枝は葉痕が目立つ。葉は互生。枝先に輪生状に集まってつく。葉身は長さ8〜20cm、幅3〜7cmの長楕円形〜倒披針形。先は短くとがり、基部はくさび形。ふちは全縁。側脈は10〜19対。革質で両面とも無毛。表面は光沢があり、裏面は白色を帯びる。葉柄は長さ3〜6cm、紅色を帯びることが多い。前年枝の葉腋から長さ4〜12cmの総状花序を出す。雄花は花弁も萼片もなく、雄しべが6〜12個ある。花糸は離生し、褐紫色の葯が目立つ。雌花の萼片は小さいかまたはない。子房は長さ1〜2mmの狭卵形。柱頭は褐紫色で、2〜4個が外側にそり返る。果実は核果。長さ8〜9mmの卵状楕円形で、11〜12月に藍黒色に熟し、表面は粉をふく。花柱は宿存する。花期は5〜6月。
冬芽の頂芽は狭卵形で紅色を帯び、葉柄が変化した多数の芽鱗に包まれる。葉痕は倒卵形で大きく、維管束痕は3個。花をつける枝には花序枝痕がある。葉腋の小さなまるい芽は花芽。(樹に咲く花)
学名は、Daphniphyllum macropodum
ユズリハ科ユズリハ属
ヒメユズリハは葉が6〜12cmと小さく、葉脈が目立たず裏面に網状脈が目立つ。


2012年4月28日 雌花 玉湯子房の基部に小さな萼片がある。
ユズリハ雌花 ユズリハ雌花 ユズリハ雌花
前年枝の葉腋から花序を出す。
ユズリハ ユズリハ ユズリハ
葉痕。維管束痕は3個。
ユズリハ葉痕 ユズリハ
雄花雄花には10個程度の雄しべがある。雄しべの葯は紫褐色。
ユズリハ雄花 ユズリハ雄花 ユズリハ雄花
ユズリハ ユズリハ ユズリハ
ユズリハ ユズリハ



2012年1月18日 果実 玉湯果実に花柱が残る。
ユズリハ果実 ユズリハ果実 ユズリハ果実
果実には1個の核が入る。核は長さ約9mm。
ユズリハ果実 ユズリハ果実 ユズリハ核
ユズリハ
2009年11月3日 果実 玉湯冬芽
ユズリハ ユズリハ ユズリハ
ユズリハ果実 ユズリハ果実 ユズリハ冬芽
ユズリハ ユズリハ
2011年5月14日 幼果 玉湯
ユズリハ果実 ユズリハ果実 ユズリハ果実
2010年5月15日 幼果 玉湯
ユズリハ果実 ユズリハ果実 ユズリハ
ユズリハ
2009年8月2日 玉湯冬芽
ユズリハ ユズリハ ユズリハ
ユズリハ
2011年4月23日 芽吹き 玉湯
ユズリハ ユズリハ ユズリハ
ユズリハ ユズリハ
2012年5月14日 雄花があった枝 玉湯その枝は雌花のあった株元から出る。雌雄の株が同じ場所に生えたのだろう。
ユズリハ ユズリハ ユズリハ

2009年1月4日 冬芽 かんべの里
ユズリハ ユズリハ ユズリハ
ユズリハ
2008年12月13日 玉湯
ユズリハ ユズリハ ユズリハ
冬芽
ユズリハ ユズリハ ユズリハ
ユズリハ
2006年3月11日 冬芽 植栽 八雲果実
ユズリハ ユズリハ ユズリハ
ユズリハ ユズリハ ユズリハ
2004年8月21日 植栽 忌部神社
ユズリハ ユズリハ ユズリハ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑