ヨシススキ(葦薄)

多年草
インド原産で、飼料として栽培されているが、沖縄の草地にも生育する。茎は高さ3〜6m、茎は太く、叢生する。葉は長さ90〜150cm、幅50〜70mm、線形、堅く中央部以上は幅が最も広く、中央脈は白色。葉舌は膜質、淡褐色を帯び長さ3mm、縁に10mmくらいの軟毛をつける。葉鞘は平滑、口部にだけ長い毛がある。円錐花序は乳白色を帯び50〜100cm、花軸は径7〜10mm、枝は長さ15〜20cm、乳白色まれに紫色の軟毛におおわれ、平滑。小穂は双生し、1個は無梗で、他は有梗。披針形、長さ3〜3.5mm、淡緑色または黄褐色。包穎は披針形、先は短くとがり、外側に5〜8mmの軟毛を生じる。小花は包穎より短く、内穎には花外に超出しない短い芒をつける。[花期は9〜11月。](日本イネ科植物図譜)
学名は、Saccharum arundinaceum
イネ科サトウキビ属

参考 Flora of China
参考 中国植物誌
 下記日本語訳は違っているかもしれない。(訳せないところは省略している。)
 稈は高さ2〜4(〜6)m、直径1〜2cm、多数の節があり、無毛。葉鞘は節間より長い。葉鞘の基部または口部に柔毛がある。葉舌は膜質、長さ1〜2mm。葉は線状披針形、長さ1〜2m、幅2〜5cm、先端は尖り、基部は徐々に細くなり、無毛、上面の基部には柔毛が生え、縁には鋸歯状に粗い。円錐花序は大型、長さ30〜80cm、幅5〜10cm、主軸は無毛、節ごとに2〜4個の枝を出し、枝は2〜3回分枝する。無柄と有柄の小穂は披針形、長さ3.5〜4mm、黄緑色または紫色を帯びる、両包穎ほとんど同長、先端は徐々にとがる。背部に長く小穂の倍以上の絹状の柔毛がある。第2包穎は3(〜5)脈、上部の縁に毛がある。背部は無毛。但し、有柄の小穂では背部に長柔毛がある。第1外花穎包穎と同長かやや短く、1〜3脈があり、先端は尖る。上部の縁に小さな毛がある。第2外花穎は披針形、包穎よりやや短いか同長。先端は小さく尖り、有柄小穂では長さ約3mmの短芒がある。上部の縁に細毛がある。第2内花穎は長楕円形、長さは外花穎の半分で先端に小さな毛がある。葯は長さ1.8〜2mm、柱頭は紫黒色、長さ約2mm。

似たものに欧州南部原産のラベンナススキ(Saccharum ravennae)があるが、護穎に長芒がある。
 参考 Flora of China(Saccharum ravennae)
 参考 中国植物誌(Erianthus ravennae)(「花葯黄色。」とある。)


2015年10月10日 宍道花序は長さ約70cm。有柄と無柄の小穂が対になってつく。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
無柄小穂、第2苞穎の背に長毛がない。有柄小穂、第2苞穎の背に長毛がある花茎の高さは約2.8m。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
玉湯の国道法面。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
2015年9月14日 宍道高さは2m以上。花序は長さ約40cm。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
葉の幅は約1.5cm。葉舌は毛状。葉の基部は中央脈に毛がある。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
葉の上部は無毛。葉の縁は上向きの小刺がありざらつく。花序の節から多数の枝が出る。枝は長さ約10cm。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
無柄と有柄の小穂が双生する。花柄や花軸に長毛がある。小穂は長さ約4mm。小穂と柱頭が黒い。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
護穎の先に短い芒がある。護穎の先の短い芒、長さ約0.6mm。小花の内穎は護穎の長さの半分。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
小花の内穎。無柄小穂の第1包穎は背に長毛があり、第2包穎は無毛。無柄小穂は葯と柱頭があり両性。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
有柄小穂は両包穎の背に長毛がある。有柄小穂は葯と柱頭があり両性。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
ヨシススキ
2015年8月8日 宍道
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
ヨシススキ
2015年11月23日 宍道国道事務所に連絡したので全てが刈り取られた。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
2016年5月28日 宍道去年刈り取られたものが芽を出している。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
ヨシススキ
2016年9月15日 宍道除草剤が使用されたのか枯れている。
ヨシススキ ヨシススキ
2016年10月22日 玉湯枯れ残ったものが花をつけている。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ



セイタカヨシなどと一緒に荒地に生えており、由来は不明。
2016年10月19日 西生馬
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
ヨシススキ ヨシススキ
2015年10月14日 西生馬株が増えてきたようだ。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
2013年10月28日 西生馬
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
2013年10月7日 西生馬枝には有柄小穂と無柄小穂が対になってつく。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
有柄小穂は長さ約4mm、包穎に長毛がある。護穎の先が短い芒になる。無柄小穂は包穎が無毛。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
護穎の先が短い芒になる。小花の内穎は小さい。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
2012年10月16日 西生馬
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
穂は長さ約60cm。最下の枝は長さ約24cm。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
雌しべの柱頭と雄しべの葯雄しべの葯。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
小穂の毛は長さ約7mm。(乾燥した標本)節から有柄と無柄の小穂が対で出る。第1包穎は長さ約4mm。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
小穂の毛は取り除いている。小花が1個。有柄小穂の両包穎には長毛がある。無柄小穂の第2包穎には長毛がない。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
花序枝には長毛がある。上部の花穂軸には長毛がある。下部の花穂軸は無毛。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
葉は長さ約140cm。葉の幅は約2.5cm。葉の表面は無毛。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
葉の裏は無毛。葉の基部は細くなる。葉の基部には毛がある。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
下部の葉の表面には毛がある。葉鞘に毛がある。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
下部の葉鞘には毛が密生する。高さは2m以上。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
多数の茎が叢生する。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
ヨシススキ ヨシススキ
2012年11月22日 花後 西生馬花後は穂が細くなっている。背が低い白い穂はススキ、後方の背の高い穂はセイタカヨシ。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
ヨシススキ
2013年1月20日 花後 西生馬
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ

県道法面へ播種した種子によるもの。法面のものは全て刈り取られ処分されたが、敷地外には数株が生えている。
 2013年11月に見ると残っていたものも除草剤処理されたのか枯れていて、生体は確認できなかった。
2012年11月19日 西尾道路敷地外に生えるもの。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
刈り取られたあとの道路法面。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
2012年10月21日 西尾雌しべの柱頭と雄しべの葯
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
花序は長さ約80cm。有柄と無柄の小穂がつく。(乾燥標本)
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
有柄小穂と無柄小穂、小穂は長さ約4mm。有柄小穂は両包穎に長毛がある。護穎の先が短い芒になる。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
無柄小穂は第2包穎の背部が無毛。第2包穎の先に毛があるが、背部は無毛。
ヨシススキ ヨシススキ
下部の花序軸の節の下方は長毛があるが、上方は無毛。上部の花序軸には長毛がある。枝には長毛がある。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
葉は長さ約180cm。葉は幅約3cm、表面は無毛、中央脈は白色。葉の裏面は無毛。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
葉の基部は細まり、内面に毛がある。下部の葉鞘は毛が密生する。上部の葉鞘は無毛。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
茎は叢生する。高さは3m近い。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
道路法面を覆っている。
ヨシススキ
2013年8月21日 西尾葉の基部に毛が密生する。葉の幅は約1.5cm。
ヨシススキ ヨシススキ ヨシススキ
ヨシススキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑