ヤツデ(八つ手)

常緑低木
茨城県以南の太平洋側〜沖縄の海岸から丘陵の林内に自生する。暖地では人家付近や、社寺林など、いたるところで見られる。高さは1〜3mになる。樹皮は灰褐色。茎の上部には多数の葉痕があり、縦長の大きい皮目がある。若い枝は緑色、褐色の長い毛が生える。葉は互生。枝先に集まってつく。葉身は直径20〜40cmと大きく、掌状に深く7〜9裂する。基部は浅いハート形。裂片のふちには粗い鋸歯がある。質は厚くて光沢がある。展開したての葉や葉柄は褐色の毛に覆われる。のち無毛になるが、裏面には縮れた毛がすこし残る。葉柄は長さ30cm。雌雄同株。枝先に球形の散形花序を円錐状につけ、白い小さな花を多数つける。上部の花序には両性花、下部の花序には雄花がつく。花序の軸には褐色の毛が密生する。花弁は5個、卵形で長さ3〜4mm。雄しべは5個、葯は白色。花柱は5個。両性花は雄しべ先熟で、雌しべが成熟する前に雄しべが花粉を散らし、自家受粉を避けている。萼筒は長さ約3mmの鐘形。果実は液果。直径7〜10mmの扁球形。翌年の4〜5月に赤褐色から黒紫色に熟す。先端には花柱が残る。種子はややゆがんだ扁平な楕円形で長さ4〜5mm。花期は10〜12月。
冬芽の頂芽は卵形で先はとがる。葉痕は半月形またはV字形で、維管束痕は13〜15個。花芽は夏にでき、初冬に開花する。花序の軸のわきにできた葉芽が翌年の春にのびる。(樹に咲く花)
学名は、Fatsia japonica
ウコギ科ヤツデ属


2003年11月8日 雄性期 加茂
ヤツデ花 ヤツデ花 ヤツデ花序
2005年11月12日 雄性期 東忌部両性花は枝先に、雄花はその下部につく。
ヤツデ花 ヤツデ花 ヤツデ花序
ヤツデ葉 ヤツデ葉 ヤツデ
ヤツデ



2005年12月10日 雌性期 植栽 浜乃木
ヤツデ花 ヤツデ花 ヤツデ花
雄性期
ヤツデ花 ヤツデ花
2012年12月14日 玉湯高さが4mくらいある。
ヤツデ ヤツデ ヤツデ
2013年4月29日 果実 鹿島
ヤツデ果実 ヤツデ果実 ヤツデ果実
果序は直径約5cm。果実は直径約1cm。
ヤツデ果実 ヤツデ果実 ヤツデ果実
果実の縦断面。果実の横断面、種子が5個入る。種子が5個あった。
ヤツデ果実 ヤツデ果実 ヤツデ果実
種子は長さ約7mm。
ヤツデ果実 ヤツデ果実 ヤツデ
2015年3月17日 若い果実 鹿島
ヤツデ果実 ヤツデ果実 ヤツデ果実
果序は直径約5cm。果実は直径約7mm。
ヤツデ果実 ヤツデ果実 ヤツデ果実
葉の幅は約40cm。
ヤツデ ヤツデ ヤツデ葉
葉身は長さ約35cm。葉柄は長さ約55cm。葉は上部に集まってつく。
ヤツデ葉 ヤツデ ヤツデ樹皮
葉痕はV字形、維管束痕は10数個ある。
ヤツデ葉痕 ヤツデ ヤツデ
2004年3月13日 若い果実 大庭
ヤツデ果実 ヤツデ果実
2008年2月24日 冬芽と葉痕 浜乃木
ヤツデ冬芽 ヤツデ葉痕
2010年1月30日 植栽 玉湯葉痕。
ヤツデ冬芽 ヤツデ葉痕 ヤツデ葉
ヤツデ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑