ヤマウグイスカグラ(山鶯神楽)

落葉低木
北海道南部〜九州の山野の日当たりのよいところ普通に生える。 葉や葉柄、花、花柄などに毛が散生する以外は、ウグイスカグラと同一。分布域もウグイスカグラと同じで、中間型もあるので、分ける必要はないという見解もある。
(ウグイスカグラ)
よく分枝して茂り、高さ2mほどになる。樹皮は灰褐色。縦に裂けてはがれ落ちる。若い枝は赤褐色を帯びる。中実。葉は対生。葉身は長さ3〜6cm、幅2〜4cmの広楕円形〜倒卵形。ふつう両面とも無毛で、裏面は緑白色。葉や苞のふちに毛が生えることがある以外は全体に無毛。枝先の葉腋に長さ1〜2cmの細い花柄を出し、淡紅色の花を1個まれに2個下向きにつける。花冠は長さ1〜2cmの漏斗状で、先は5裂し、裂片は平開する。果実は液果。長さ1〜1.5cmの楕円形。6月に赤く熟す。種子は長さ4〜5mmの楕円形。花期は4〜5月。
冬芽は長さ2〜4mmの卵形。芽鱗は1〜2対。(樹に咲く花)
学名は、Lonicera gracilipes var. glabra
スイカズラ科スイカズラ属
ウグイスカグラはふつう全体無毛で、ヤマウグイスカグラは枝、葉、花に毛があり、ミヤマウグイスカグラは腺毛がある。



2013年4月13日 玉湯花冠に毛がある。

ヤマウグイスカグラ花

ヤマウグイスカグラ花

ヤマウグイスカグラ花

花は長さ約1.6cm。花冠の毛。子房や花柄には毛がない。

ヤマウグイスカグラ花

ヤマウグイスカグラ

ヤマウグイスカグラ子房

葉は長さ約4.5cm。

ヤマウグイスカグラ花

ヤマウグイスカグラ葉

ヤマウグイスカグラ葉

葉の縁に毛がある。葉の縁の毛。葉脈上に毛がある。

ヤマウグイスカグラ葉

ヤマウグイスカグラ葉

ヤマウグイスカグラ葉

葉の裏面に毛が多い。

ヤマウグイスカグラ葉裏面

ヤマウグイスカグラ葉裏面

ヤマウグイスカグラ葉裏面

葉柄に毛があり、枝には毛が見えない。葉柄に毛と腺毛がある。

ヤマウグイスカグラ枝

ヤマウグイスカグラ葉柄

ヤマウグイスカグラ枝

樹皮。

ヤマウグイスカグラ樹皮

ヤマウグイスカグラ




2013年4月1日 蕾 八雲花冠に毛がある。

ヤマウグイスカグラ蕾

ヤマウグイスカグラ蕾

ヤマウグイスカグラ蕾

ヤマウグイスカグラ樹皮

ヤマウグイスカグラ樹皮

ヤマウグイスカグラ

2013年3月24日 蕾 八雲花冠に毛がある。

ヤマウグイスカグラ蕾

ヤマウグイスカグラ蕾

ヤマウグイスカグラ蕾

ヤマウグイスカグラ蕾

ヤマウグイスカグラ葉

ヤマウグイスカグラ葉裏面

若葉の葉柄に腺毛があり、枝は無毛。葉柄の腺毛と毛。若葉の縁に腺毛が散生する。

ヤマウグイスカグラ腺毛

ヤマウグイスカグラ腺毛

ヤマウグイスカグラ腺毛

ヤマウグイスカグラ

2011年6月29日 八雲葉に毛がある。

ヤマウグイスカグラ葉

ヤマウグイスカグラ葉

ヤマウグイスカグラ葉

ヤマウグイスカグラ葉裏面

ヤマウグイスカグラ葉柄

ヤマウグイスカグラ枝

ヤマウグイスカグラ枝

ヤマウグイスカグラ葉

ヤマウグイスカグラ樹皮

ヤマウグイスカグラ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑