ヤマツツジ(山躑躅)

半常緑低木
北海道南部〜九州の丘陵〜山地の林内、林縁、草原などに生える。高さ1〜3mになる。樹皮は灰黒色〜黒褐色。縦に割れ目が入る。若枝は赤褐色で、のちに褐色に変わる。扁平な白い毛が生える。枝には褐色の毛がある。葉は互生。春に出て秋に落葉する春葉と、夏から秋にでる夏葉とがあり、夏葉の多くは越冬する。春葉の葉身は長さ3〜5cm、幅1〜3cmの楕円形または卵状楕円形。先はとがり、基部はくさび形、両面に褐色の伏毛があり、とくに裏面の脈上には扁平な毛が密生する。夏葉は小形で長さ1〜2cmの倒披針形またはさじ形。先はまるく、両面に毛が密生する。葉柄は長さ1〜4mm、扁平な毛がある。枝先に朱色の花を2〜3個つける。花冠は直径4〜5cmの漏斗形で、5裂し、上側の裂片には濃色の斑点がある。花筒の内面は有毛。雄しべは5個、花糸の下半部に粒状の毛がある。花柱は無毛、子房には長毛が密生する。萼は5裂し、萼片は長さ1.5〜3mm。花柄は長さ5〜20mm。萼や花柄には扁平な長毛がある。果実はさく果。長さ8〜13mmの卵形、先は狭まり、褐色の扁平な毛がある。8〜10月に熟し、裂開する。花期は4〜6月。
冬芽は長さ1cmほどの卵形。越冬葉に囲まれ、芽鱗には褐色の伏した鱗片状の毛が密生する。葉痕はほぼ半円形で、維管束痕は1個。(樹に咲く花)
学名は、Rhododendron kaempferi var. kaempferi
ツツジ科ツツジ属


2012年5月16日 大海崎
ヤマツツジ花 ヤマツツジ花 ヤマツツジ花
雄しべ5個、雌しべ1個。雌しべ花柱は無毛、子房には長毛がある。
ヤマツツジ ヤマツツジ ヤマツツジ
葉は長さ約3cm、両面に粗い毛がある。
ヤマツツジ花 ヤマツツジ蕾 ヤマツツジ葉
裏面の葉脈に毛が多い。
ヤマツツジ葉裏面 ヤマツツジ ヤマツツジ樹皮
ヤマツツジ



2008年7月5日 鹿島花後の若い果実、長毛が密生する。
ヤマツツジ花 ヤマツツジ花 ヤマツツジ萼
ヤマツツジ葉 ヤマツツジ葉裏面 ヤマツツジ
2005年6月19日 玉湯
ヤマツツジ花 ヤマツツジ花 ヤマツツジ葉
ヤマツツジ
2006年2月25日 乃白2003年5月24日 大草2006年6月3日 菌えい 東忌部
ヤマツツジ ヤマツツジ ヤマツツジ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑