ヤマトウバナ(山塔花)

多年草。
中部地方以西〜九州の山地の木陰に生える。茎叢生し方形でちぢれた毛があり高さ10〜30cm。葉は6〜15mmの柄があり、葉身は長卵形〜卵状長楕円形で長さ2〜5cm、幅1〜2cm、まばらに毛がある。花序は短く多くは茎の先に1個だけつく。萼は長さ6mm内外、通常脈上に短毛があり時にまばらに開出毛がある。花冠は白色で長さ8〜9mm。分果はほぼ球形で長さ約1mm。花期は6〜7月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Clinopodium multicaule
シソ科トウバナ属


2013年7月1日 枕木花冠の内側に斑点がある。花は萼筒を含めて長さ約1cm。
ヤマトウバナ花 ヤマトウバナ花 ヤマトウバナ花
花は直径約7mm。(下側が上唇。)萼は長さ約5mm。萼にはまばらに開出毛がある。
ヤマトウバナ花 ヤマトウバナ萼 ヤマトウバナ萼
萼の中に分果(通常は4個)がある。分果は長さ約1mm。
ヤマトウバナ果実 ヤマトウバナ果実 ヤマトウバナ
葉身は長さ約3cm、粗い鋸歯がある。葉の表面に短毛が散生する。
ヤマトウバナ葉 ヤマトウバナ葉 ヤマトウバナ葉
葉の裏面に短毛がまばらにある。茎や葉柄に毛がある。
ヤマトウバナ葉裏面 ヤマトウバナ葉裏面 ヤマトウバナ茎
茎の毛。
ヤマトウバナ茎 ヤマトウバナ



2012年6月11日 八雲
ヤマトウバナ花 ヤマトウバナ花 ヤマトウバナ
2011年8月6日 八雲一部ストロボ使用。
ヤマトウバナ花 ヤマトウバナ花 ヤマトウバナ花
葉は長卵形で、粗い鋸歯がある。
ヤマトウバナ花 ヤマトウバナ葉 ヤマトウバナ葉裏面
ヤマトウバナ萼 ヤマトウバナ ヤマトウバナ
2005年6月19日 玉湯萼に短毛がある。葉は両面に毛がある。
ヤマトウバナ花 ヤマトウバナ花 ヤマトウバナ葉
ヤマトウバナ葉 ヤマトウバナ茎 ヤマトウバナ
2004年6月6日 玉湯
ヤマトウバナ花 ヤマトウバナ花 ヤマトウバナ葉
2004年6月19日 玉湯
ヤマトウバナ花 ヤマトウバナ葉 ヤマトウバナ花


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑