ヤマノイモ(山の芋)

つる性多年草
北海道〜沖縄の山野にふつうに生える。葉は対生し、長さ5〜10cmの三角状披針形で基部は心形、先は長くとがる。葉腋にしばしば珠芽(ムカゴ)がつく。雌雄異株。雄花序は葉腋から直立し、白い小さな花を多数つける。花被片は6個ある。雌花序は葉腋から垂れ下がり、白い花がまばらにつく。雌花はやや小さく、子房に翼がある。成熟すると翼が大きく張りだす。さく果は下向きにつき、扁平な丸い翼が3個ある。種子は円形で周りに薄い翼がある。花期は7〜8月。(野に咲く花)
学名は、Dioscorea japonica
ヤマノイモ科ヤマノイモ属
オニドコロの果実は上向きにつき楕円形、種子の片側にのみ翼がある。カエデドコロのさく果は上向きにつき、種子の全周に翼がある。葉柄基部に小さな突起がある。
似た花の比較


2005年8月28日 雌花は下垂する。 東忌部
ヤマノイモ雌花 ヤマノイモ雌花序 ヤマノイモ雌花序
2005年8月6日 雄花 佐草雄花は直立する。
ヤマノイモ雄花 ヤマノイモ雄花序 ヤマノイモ雄花序



2006年8月14日 雄花 佐草2003年9月15日 佐草 雄花とムカゴ
ヤマノイモ雄花序 ヤマノイモ雄花序
2003年9月15日 雌花と若い果実果実は下を向いてつく。
ヤマノイモ果実 ヤマノイモ果序
2004年10月11日 珠芽(ムカゴ) 佐草葉が対生する。2005年9月18日 珠芽 東忌部
ヤマノイモ珠芽 ヤマノイモ葉 ヤマノイモ珠芽
2015年11月23日 果実 宍道果実は下向きにつき、円い翼がある。果実は下側が裂けて種子がでる。
ヤマノイモ果序 ヤマノイモ果実 ヤマノイモ果実
果実は長さ約1.5cm。果実には円い翼が3個ある。翼を開くと1室に種子が2個ある。
ヤマノイモ果実 ヤマノイモ果実 ヤマノイモ果実
種子は翼を含めて直径約1.5cm。種子には全周に翼がある。
ヤマノイモ種子 ヤマノイモ種子 ヤマノイモ
ヤマノイモ
2012年12月29日 果実 東忌部果実は下向きにつく。果実は長さ約1.5cm。3個の、丸い翼がある。
ヤマノイモ果実 ヤマノイモ果序 ヤマノイモ果実
種子の周りに円形の翼がある、長径約1.3cm。種子の縦断面。
ヤマノイモ果実 ヤマノイモ種子 ヤマノイモ種子
ヤマノイモ果序 ヤマノイモ果序
2010年4月10日 果実の翼は円形 玉湯裂開した果実。中に種子がある。種子の周囲に翼がある。
ヤマノイモ果実 ヤマノイモ果実 ヤマノイモ種子
ヤマノイモ果実 ヤマノイモ果序
2003年11月16日 珠芽(ムカゴ) 佐草
ヤマノイモ珠芽


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑