ヤマナラシ(山鳴らし)

落葉高木
北海道〜九州の日当たりのよい山地に普通に見られる。1本立ちで、大きいものは高さ25mに達する。樹皮は灰色でなめらか。菱形の皮目が目立つ。裸材に隆起条はない。新枝は緑灰白色でなめらか。はじめ白毛が密生する。短枝が発達する。葉は互生。葉身は長さ7〜15cm、幅4〜8cmの広卵形。縁には波状の鋸歯があり、表面の基部に腺がある。裏面は灰青色で、はじめ軟毛が密生する。葉柄は長さ3〜7cmで軟毛があり、左右から押しつぶしたかたちで扁平。雌雄別株。葉の展開前に開花する。花序は円柱形で垂れ下がる。雄花序は長さ5〜11cm。雄しべは6〜8個。杯状の花被に包まれる。雌花序は長さ6〜11cm。子房は杯状の花被に包まれる。柱頭は不規則に裂けてとさか状になる。苞は上部が褐色。下部は淡黄緑色、ふちは深く切れ込む。腺体はない。果実はさく果で、5月に成熟して裂開する。別名ハコヤナギ。花期は3月。
冬芽は長さ8〜12mmの長卵形で先はとがる。芽鱗は10〜13個あり、樹脂をかぶる。(樹に咲く花)
学名は、Populus sieboldii
ヤナギ科ヤマナラシ属


2008年3月29日 八雲
ヤマナラシ花 ヤマナラシ花 ヤマナラシ花
ヤマナラシ ヤマナラシ樹皮 ヤマナラシ



2008年8月17日 八雲
ヤマナラシ葉 ヤマナラシ葉 ヤマナラシ
近くに生える幼木。
ヤマナラシ ヤマナラシ

2007年6月30日 玉湯縁には小さな鋸歯がある。
ヤマナラシ葉 ヤマナラシ葉 ヤマナラシ葉裏面
葉の基部の花外蜜腺
ヤマナラシ蜜腺 ヤマナラシ蜜腺 ヤマナラシ
ヤマナラシ
2009年6月14日 宍道葉身の基部に蜜腺がある。
ヤマナラシ葉 ヤマナラシ蜜腺 ヤマナラシ枝
ポプラの仲間なので樹形も似ている。
ヤマナラシ葉 ヤマナラシ樹皮 ヤマナラシ
2004年6月26日 西忌部葉の基部には腺がある。
ヤマナラシ葉 ヤマナラシ蜜腺 ヤマナラシ
ヤマナラシ
2007年12月16日 玉湯
ヤマナラシ冬芽 ヤマナラシ冬芽 ヤマナラシ冬芽
ヤマナラシ冬芽 ヤマナラシ冬芽 ヤマナラシ樹皮
ヤマナラシ ヤマナラシ
2010年11月13日 冬芽 大東幼木のためか葉が20cm以上ある。
ヤマナラシ冬芽 ヤマナラシ冬芽 ヤマナラシ葉
葉身の基部に腺がある。
ヤマナラシ蜜腺 ヤマナラシ葉裏面 ヤマナラシ葉
ヤマナラシ樹皮 ヤマナラシ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑