ヤマモミジ(山紅葉)

落葉高木
北海道、青森〜島根県の日本海側の山地の谷間など、やや湿り気のある斜面に生える。日本海側の多雪地に多く見られる。高さ5〜10m、直径50cmほどになる。樹皮は暗灰褐色。はじめはなめらかだが、成木になると浅く縦に割れる。葉は対生。葉身は直径5〜10cmで、掌状に5〜9裂する。基部はハート形。裂片の先は尾状にとがり、ふちには不ぞろいの欠刻状の重鋸歯がある。洋紙質で、表面は無毛、裏面は主脈の基部や脈腋にわずかに毛がある。葉柄は長く、上面に溝があるものが多い。紅葉するものが多いが、個体によっては黄葉するものもある。雌雄同株。一つの花序に雄花と両性花が混生する。直径4〜6mmの小さな花を複散房花序につける。花弁は5個で、淡黄色〜淡紅色。雄しべは8個。葯は黄色。両性花の子房には毛がある。萼片は5個で、濃紅色。果実は翼果。分果は長さ約2cm。翼はでやや鋭角または鈍角に開く。6〜9月に熟す。花期は5〜6月。
 冬芽は紅色で無毛。芽鱗は4対あるが、外側の1対だけが見える。基部は膜質鱗片に包まれ、ふちに沿って毛が並ぶ。頂芽はふつうできず、枝先に仮頂芽が2個つく。葉痕は三日月形で、維管束痕は3個ある。(樹に咲く花)
学名は、Acer sieboldianum
ムクロジ科カエデ属


2012年7月8日 植裁 宍道葉柄に溝がある。
ヤマモミジ葉 ヤマモミジ葉 ヤマモミジ葉
ヤマモミジ葉裏面 ヤマモミジ葉 ヤマモミジ樹皮
ヤマモミジ



2010年12月1日 紅葉 西生馬幅が12cmくらいある。脈腋に毛がある。
ヤマモミジ紅葉 ヤマモミジ葉 ヤマモミジ葉裏面
欠刻状の鋸歯葉柄に溝がある。
ヤマモミジ葉 ヤマモミジ葉柄 ヤマモミジ冬芽
ヤマモミジ冬芽 ヤマモミジ樹皮 ヤマモミジ
2008年7月5日 果実 植栽 鹿島
ヤマモミジ ヤマモミジ ヤマモミジ
ヤマモミジ ヤマモミジ
2009年11月23日 黄葉 宍道
ヤマモミジ黄葉 ヤマモミジ樹皮 ヤマモミジ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑