ヤマコウバシ(山香ばし)

落葉低木
関東地方以西〜九州の山地に生える。高さ3〜5mになる。幹は叢生し、球形〜扁球形の樹形になる。樹皮は茶褐色。小さな皮目がある。新枝には、はじめ曲がった短い毛が生える。2年枝の樹皮は淡褐色で、縦に細い割れ目が入る。葉は互生。葉身は長さ5〜10cm、幅2.5〜4cmの長楕円形〜楕円形。先端は鈍く、基部は広いくさび形、縁は全縁で波打つ。質はやや厚くて硬く、表面は濃緑色で光沢はない。裏面は灰白色。葉は枯れても枝に残り、翌年の春に落ちる。葉柄は3〜4mmと短い。雌雄別株だが雌株しかなく、雄株なしで結実する。展開し始めた葉の間から絹毛が密生した短い花柄を数個のばし、淡黄色の小さな花をつける。花被片は6個、長さ約1.5mmの広楕円形で、花のあと脱落する。雌花には仮雄しべが9個あり、子房と花柱は花被片から突き出る。果実は液果。直径7mmほどの球形で、10〜11月に黒く熟す。種子はほぼ球形。隆起線が2本ある。花期は4月。
 冬芽は、紡錘形。芽鱗は赤褐色。ひとつの冬芽の中に葉と花がいっしょに入った混芽。クロモジ属で混芽をつけるのはヤマコウバシだけ。葉痕は半円形。(樹に咲く花)
学名は、Lindera glauca
クスノキ科クロモジ属


2007年4月21日 雌花 八雲展開し始めた葉の葉腋から花序を出す。
ヤマコウバシ雌花 ヤマコウバシ雌花 ヤマコウバシ
ヤマコウバシ
2006年4月30日 玉湯
ヤマコウバシ花 ヤマコウバシ花 ヤマコウバシ花
ヤマコウバシ葉 ヤマコウバシ葉裏面



2015年10月29日 果実 八雲果実は直径約6mm。
ヤマコウバシ果実 ヤマコウバシ果実 ヤマコウバシ果実
果実には種子が1個入る。
ヤマコウバシ果実 ヤマコウバシ果実 ヤマコウバシ種子
種子は直径5〜6mm、2本の隆起線がある。
ヤマコウバシ種子 ヤマコウバシ ヤマコウバシ樹皮
ヤマコウバシ
2005年11月26日 果実 八雲
ヤマコウバシ果実 ヤマコウバシ果実 ヤマコウバシ冬芽
ヤマコウバシ果実
2005年11月20日 果実 忌部
ヤマコウバシ果実 ヤマコウバシ葉 ヤマコウバシ葉裏面
ヤマコウバシ
2014年9月8日 若い果実 玉湯
ヤマコウバシ果実 ヤマコウバシ果実 ヤマコウバシ果実
果実は直径約7mm。直径約5mmの種子が1個入る。
ヤマコウバシ果実 ヤマコウバシ果実 ヤマコウバシ種子
葉身は長さ約9cm。
ヤマコウバシ ヤマコウバシ葉 ヤマコウバシ葉
脈上に短毛がある。裏面は灰白色。裏面に毛が多い。
ヤマコウバシ葉 ヤマコウバシ葉裏面 ヤマコウバシ葉裏面
裏面には短毛と長毛がある。
ヤマコウバシ葉裏面 ヤマコウバシ樹皮 ヤマコウバシ
2007年9月22日 若い果実 八雲
ヤマコウバシ果実 ヤマコウバシ葉 ヤマコウバシ葉裏面
ヤマコウバシ枝 ヤマコウバシ ヤマコウバシ
2005年6月19日 果実 玉湯
ヤマコウバシ果実 ヤマコウバシ
2009年5月23日 幼果 八雲矢谷
ヤマコウバシ果実 ヤマコウバシ葉 ヤマコウバシ葉裏面
ヤマコウバシ
2011年5月7日 幼果 東長江
ヤマコウバシ ヤマコウバシ葉 ヤマコウバシ葉
ヤマコウバシ葉 ヤマコウバシ葉裏面 ヤマコウバシ葉裏面
ヤマコウバシ樹皮 ヤマコウバシ枝 ヤマコウバシ
2006年2月25日 冬芽 八雲森脇葉が枯れても落ちずに残っている。
ヤマコウバシ冬芽 ヤマコウバシ
2007年7月8日 東持田
ヤマコウバシ葉 ヤマコウバシ葉 ヤマコウバシ葉裏面
ヤマコウバシ枝
2008年6月1日 八雲矢谷
ヤマコウバシ葉 ヤマコウバシ葉裏面 ヤマコウバシ葉裏面
葉柄が頂芽や側芽を抱くようにつく。
ヤマコウバシ葉 ヤマコウバシ葉 ヤマコウバシ枝
ヤマコウバシ枝 ヤマコウバシ樹皮 ヤマコウバシ

果実虫えい?
ヤマコウバシ ヤマコウバシ ヤマコウバシ
2009年9月13日 宍道
ヤマコウバシ葉 ヤマコウバシ葉裏面 ヤマコウバシ冬芽
ヤマコウバシ枝 ヤマコウバシ樹皮 ヤマコウバシ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑


他の画像を見る。