ヤマイヌワラビ(山犬蕨)

夏緑性シダ植物
北海道〜九州の山地のやや湿った所に生える。葉柄はやや紫色を帯び、基部鱗片は褐色〜茶色の披針形で全縁。葉身は2回羽状複葉。最下部羽片の下側第1小羽片が著しく小さくなる。羽片は無柄か短い柄がつき、小羽片はやや鋭頭で前側の耳垂は小さい。裂片は長楕円形、円頭で、不規則な鋸歯がある。ソーラスは中肋寄りにつき、包膜は三日月形、馬蹄形、鉤形が混ざる。
学名は、Athyrium vidalii
イヌワラビ科メシダ属


2009年7月5日 八雲最下部第1小羽片が小さい。
ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ
ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ
ヤマイヌワラビ



2008年12月27日 八雲最下部第1小羽片が小さい。
ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ
ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ
ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ
2008年7月13日 八雲最下部第1小羽片が極端に小さい。
ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ
ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ
ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ
2008年6月8日 枕木山最下部羽片の第1小羽片が小さい。
ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ
ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ
基部鱗片は褐色〜茶色の披針形で全縁。
ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ
ヤマイヌワラビ
2008年6月1日 八雲最下部羽片の第1小羽片が小さい。
ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ
ソーラスは中肋寄りにつき、包膜は三日月形、馬蹄形、鉤形が混ざる。
ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ
ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ ヤマイヌワラビ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑