ヤマフジ(山藤)

つる性落葉木本
近畿地方以西〜九州の低山の林縁や明るい樹林内に生える。高木に巻きついて樹冠に達する。つるの巻き上がる方向は右巻き(Z巻き、右肩上がり)。はじめ短毛があるが、のちに無毛。葉は互生。長さ15〜25cmの奇数羽状複葉で、小葉は4〜6対。小葉は長さ4〜7cmの長楕円形または狭卵形で全縁。托葉は早く落ちる。枝先に長さ10〜20cmの総状花序が垂れ下がり、長さ2〜3cmの紫色の蝶形花を多数つける。萼は広鐘形で有毛。萼片は5個。苞は長さ1.5cmほどの卵形で、褐色の毛が密生し、早く落ちる。花が白色の品種をシロバナヤマフジ( f. alba)という。果実は豆果。長さ15〜20cm、表面に短毛が密生する。10〜11月、熟して乾燥すると2裂してねじれ、種子をとばす。種子は直径1.3cmほどの円形で黒紫色。花期は5月。
冬芽の葉芽は花芽より小さく、長卵形で紫褐色、芽鱗は外側の1個だけが見える。葉痕は扁円形で、維管束痕は3個。(樹に咲く花)
学名は、Wisteria brachybotrys
マメ科フジ属
YListでは、白花をシラフジ(Wisteria venusta)としている。
つるが左肩上がり(S巻き、左巻き)になるのは、ノダフジ(フジ)。



2017年5月2日 シロバナヤマフジ 東忌部

シロバナヤマフジ花

シロバナヤマフジ花

シロバナヤマフジ花

花は長さ約3cm。

シロバナヤマフジ花

シロバナヤマフジ花

シロバナヤマフジ花

花序の花はフジと違い一斉に開く。

シロバナヤマフジ

シロバナヤマフジ

シロバナヤマフジ花序

葉は葉柄を含めて長さ約29cm。小葉は長さ約6cm。

シロバナヤマフジ葉

シロバナヤマフジ葉

シロバナヤマフジ葉

葉の裏面。葉の裏面は伏毛が密生する。蔓は右肩上がり(右巻き)。

シロバナヤマフジ葉裏面

シロバナヤマフジ葉裏面

シロバナヤマフジ蔓

花序は長さ約20cm。

シロバナヤマフジ蔓

シロバナヤマフジ花序

シロバナヤマフジ




2004年4月18日 シロバナヤマフジ 上乃木

シロバナヤマフジ花

シロバナヤマフジ花

シロバナヤマフジ葉

2006年7月9日 果実 東忌部

シロバナヤマフジ果実

シロバナヤマフジ

2003年9月11日 果実 東出雲

シロバナヤマフジ果実

シロバナヤマフジ果実

2006年1月15日 冬芽 東忌部

シロバナヤマフジ冬芽

シロバナヤマフジ冬芽

シロバナヤマフジ葉痕

つるは右肩上がりになる。

シロバナヤマフジ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑