ヤマエンゴサク(山延胡索)

多年草
本州〜九州の山の林や道ばたに生える。全体無毛または時に乳頭状小突起のあることもある。塊茎は球形、直径1cm内外。茎は1(まれに2)個でて高さ10〜20cm。最下の葉は鱗片状となり、この腋から分枝する。茎葉は2(まれに3)個あり、2〜3回3出複生、小葉は線形〜卵円形、しばしば3裂し、葉形は変化が多い。花は茎の先に総状花序を作って開き、淡紅紫色、長さ15〜25mm、苞は披針形〜扇状くさび形、時に歯牙がある。さく果は広披針形〜卵状長楕円形、長さ7〜13mm、幅3〜4mm。種子の表面は円滑。花期は4〜5月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Corydalis lineariloba
ケシ科キケマン属
花弁は4個で外側に2個、内側に2個つく。外側のうち上の1個がもっとも大きく、基部が袋状の距になって後ろにつきでる。内側の2個の花弁は左右から合わさって、先端が合着し、雄しべと雌しべを包んでいる。雄しべは6個あるが、雌しべの上下で3個ずつ花糸が合着している。子房は上位で1室。(野に咲く花)


2014年4月7日 八雲
ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク花
上下2個の花弁に挟まれて、内側に2個の花弁がある。
ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク花
上の花弁を除いた。内側の左右の花弁が合着している。中に雌しべと雄しべがある。
ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク花
雌しべと雄しべ。雄しべ。
ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク雄しべ ヤマエンゴサク雄しべ
葉は2回3出複葉。ほとんど円形の葉。
ヤマエンゴサク葉 ヤマエンゴサク葉 ヤマエンゴサク葉
ヤマエンゴサク葉裏面 ヤマエンゴサク ヤマエンゴサク



2013年4月1日 八雲
ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク蕾
ヤマエンゴサク
2012年4月24日 八雲若い果実
ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク果実
果実は長さ6〜7mm。
ヤマエンゴサク果実 ヤマエンゴサク果実 ヤマエンゴサク果実
若い種子は直径約1mm。種子の表面は円滑。エライオソームがつく。
ヤマエンゴサク種子 ヤマエンゴサク種子
茎に腺毛があるように見える。
ヤマエンゴサク茎 ヤマエンゴサク茎 ヤマエンゴサク
2011年4月13日 八雲
ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク花
苞の先が切れ込む。
ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク苞
ヤマエンゴサク葉 ヤマエンゴサク葉 ヤマエンゴサク花序
ヤマエンゴサク花序 ヤマエンゴサク
2009年4月12日 八雲苞の先端は3〜5裂する。
ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク苞 ヤマエンゴサク葉
ヤマエンゴサク
2007年4月8日 枕木
ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク花序
ヤマエンゴサク苞 ヤマエンゴサク葉 ヤマエンゴサク花序
ヤマエンゴサク ヤマエンゴサク幼株
2007年4月21日 八雲葉は2裂するものもある。
ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク ヤマエンゴサク葉
ヤマエンゴサク葉
ヤマエンゴサク
2014年5月4日 果実 八雲果実は長さ約7mm、種子が1個あった。
ヤマエンゴサク果実 ヤマエンゴサク果実 ヤマエンゴサク果実
種子は直径約1.5mm、種枕がつく。
ヤマエンゴサク種子 ヤマエンゴサク ヤマエンゴサク
2007年3月17日 八雲
ヤマエンゴサク若葉 ヤマエンゴサク若葉
2004年5月1日 大山
ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク花 ヤマエンゴサク


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑