ヤダケ(矢竹)

ササ類
日本原産だが、本来の自生地は不明。本州〜九州に広く分布するが、植栽によって広がったと考えられる。稈は高さ2〜5m、直径5〜15mmになる。節はほとんどふくらまず、節間は長い。枝は稈の上部で分岐し、ふつう1節から1個、まれに2〜3個でる。稈鞘は節間より少し短いか同長、まれに節間の3分の2ぐらいのものもある。上向きの長毛が密生する。葉身は長さ25〜35cm、幅2.5〜3.5cm。両面とも無毛。葉耳はない。肩毛は白色、なめらかで直立するが、欠如する場合が多い。(樹に咲く花)
学名は、Pseudosasa japonica
イネ科ヤダケ属


2009年3月8日 鹿島
ヤダケ ヤダケ ヤダケ
ヤダケ ヤダケ ヤダケ
ヤダケ



2009年2月15日 玉湯
ヤダケ ヤダケ ヤダケ
ヤダケ ヤダケ ヤダケ
2008年3月15日 枕木山
ヤダケ ヤダケ ヤダケ
ヤダケ ヤダケ ヤダケ
ヤダケ ヤダケ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑