ヤブツバキ(薮椿)

常緑高木。
本州〜沖縄の海岸沿いに多いが山地にも生える。ふつう高さ5〜6mになる。樹皮は褐灰色〜黄褐色で滑らか。枝は淡褐色で無毛。葉は互生。葉身は長さ5〜10cm、幅3〜6cmの長楕円形〜卵状楕円形。先端は鋭く尖り、基部はくさび形〜ほぼ円形。縁には細かい鋸歯がある。質は革質で両面とも無毛。表面は濃緑色で光沢がある。葉柄は長さ1〜1.5cm。枝先の葉腋に赤色の花をつける。まれに淡紅色や白色のものもある。花は直径5〜7cmで、花弁は平開しない。花弁は5個、長さ3〜5cmで質は厚く、先端は凹む。雄しべは多数あり、花糸は白色で下半部は合着して筒状になり、基部は花弁と合着する。子房は無毛で光沢があり、花柱の先は3裂する。花筒の底には大量の蜜がある。萼は黒褐色で外面に絹状の伏毛が密生する。花柄は長さ約5mm。果実はさく果。直径2〜2.5cmの球形で、熟しても緑色。裂開すると中軸のまわりに球状についた種子が顔を出す。種子は長さ2〜2.5cm、形は不定形。花期は11〜12月、2〜4月。
 冬芽、葉芽は紡錘形、花芽は卵形〜広卵形で先はとがる。芽鱗は緑色で5〜7個あり、内側の芽鱗は白い絹毛に覆われる。(樹に咲く花)
学名は、Camellia japonica
ツバキ科ツバキ属


2014年3月17日 西長江雄しべが多数ある。
ヤブツバキ花 ヤブツバキ花 ヤブツバキ花
花弁は5個。花弁が落ちた後の雌しべと子房。
ヤブツバキ花 ヤブツバキ花 ヤブツバキ子房
蕾。花は長さ約6cm。花は直径約5cm、平開しない。
ヤブツバキ蕾 ヤブツバキ花 ヤブツバキ花
雄しべの下半部は合着し、花弁の基部と合着する。花弁も基部で合着する。花弁が落ちた後の子房、無毛。
ヤブツバキ雄しべ雌しべ ヤブツバキ子房 ヤブツバキ葉
葉身は長さ約11cm、葉柄は約1.5cm。縁に浅い鋸歯があり、無毛。裏面は淡緑色。
ヤブツバキ葉 ヤブツバキ葉 ヤブツバキ葉裏面
裏面は無毛。冬芽は紡錘形。樹皮は黄褐色、平滑。
ヤブツバキ葉裏面 ヤブツバキ冬芽 ヤブツバキ樹皮
ヤブツバキ ヤブツバキ



2006年2月19日 大庭2004年1月4日 八雲
ヤブツバキ花 ヤブツバキ花 ヤブツバキ花
2003年3月12日 殿
ヤブツバキ花 ヤブツバキ花 ヤブツバキ
2002年2月2日 殿2002年2月3日 佐草
ヤブツバキ花 ヤブツバキ花
2014年9月2日 果実 大庭果実は直径約5cm。
ヤブツバキ果実 ヤブツバキ果実 ヤブツバキ果実
果皮を半分取り除いた。種子は長さ約1.5〜2.5cm。落下した虫食いの果実。
ヤブツバキ果実 ヤブツバキ種子 ヤブツバキ果実
ヤブツバキ ヤブツバキ
2008年8月17日 果実 大庭
ヤブツバキ果実 ヤブツバキ果実
2007年12月8日 冬芽 東忌部
ヤブツバキ冬芽 ヤブツバキ葉 ヤブツバキ葉裏面
2006年1月8日 冬芽 浜乃木
ヤブツバキ冬芽
2007年6月23日 キンギョツバキという園芸品種 植栽 鹿島
キンギョツバキ キンギョツバキ ヤブツバキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑