ヤブサンザシ(藪山櫨子)

落葉低木
本州〜九州の山野にまれに自生する。株立ちで、高さ1mになる。樹皮は紫褐色。縦にはがれ落ちる。若枝は灰白色。はじめ軟毛が密生するが、のちに無毛。樹皮はしだいに縦にはがれて、暗赤褐色に変わる。葉は互生。葉身は長さ2〜6cm、幅2.5〜6cmの広卵形で、掌状に浅く3〜5裂する。基部は切形または浅いハート形。裂片のふちには欠刻状の鈍い鋸歯がある。質は草質で薄く、両面とも短い軟毛がある。裏面の脈沿いには短い軟毛がやや密に生える。葉柄は長さ2〜3.5cm、短い軟毛と長毛がある。雌雄別株。前年枝の葉腋に黄緑色の小さな花が1〜数個束生する。花弁はへら形で、ごく小さく、直立する。萼片は長さ約2.5mmでそり返る。雄しべは5個、花糸は短く、葯は萼筒に直接ついているように見える。雌花には雄しべがあるが、退化して小さい。花柱は短く、柱頭は2裂して皿状になる。雄花の花柄には基部寄りに、雌花では中ほどに関節がある。果実は液果。直径7〜8mmの球形。10〜11月に赤く熟す。種子は長さ約3.5mmの楕円形。花期は4〜5月。
冬芽は長さ1cmほどの披針形。短い柄があり、赤褐色を帯びた芽鱗にゆるく包まれる。葉痕は三日月形で、維管束痕は隆起する。(樹に咲く花)
学名は、Ribes fasciculatum
スグリ科スグリ属


2016年5月17日 美保関葉は5浅裂し、裂片の先は尖らない。若い枝は灰白色、軟毛がある。
ヤブサンザシ ヤブサンザシ ヤブサンザシ
徒長枝の葉の葉身は長さ約7cm、葉柄は6cm。表面には短軟毛が散生する。
ヤブサンザシ ヤブサンザシ ヤブサンザシ
裏面の脈上に短軟毛が密生する。
ヤブサンザシ ヤブサンザシ ヤブサンザシ
裏面には短軟毛が散生する。葉柄の基部に数個の長毛がある。長毛は長さ0.5〜2.5mm。
ヤブサンザシ ヤブサンザシ ヤブサンザシ
葉柄基部の長毛。葉柄には縮れた短軟毛が密生する。
ヤブサンザシ ヤブサンザシ ヤブサンザシ
古い幹は暗赤褐色になる。
ヤブサンザシ ヤブサンザシ ヤブサンザシ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑