ワスレナグサ(勿忘草)の仲間

多年草
シンワスレナグサ(ワスレナグサ)は水辺に生え、花壇などに植栽されるているものは、ノハラワスレナグサやエゾムラサキまたはその交配種。
学名は、Myosotis sp.
ムラサキ科ワスレナグサ属

シンワスレナグサ(Myosotis scorpioides)
ヨーロッパ原産。観賞用に栽培され、湿ったところに野生化している。とくに北海道や長野県に多い。茎は高さ20〜50cmになり、しばしば基部から長い匐枝をだす。下部の葉は柄があって倒披針形。上部の葉は無柄で長楕円形。枝先にサソリ形花序をだし、直径6〜9mmの花を次々に開く。花冠は淡青紫色で、のどに黄色の鱗片がある。花期は5〜7月。(野に咲く花)
よく似たノハラムラサキは花が直径3mmと小さく、萼は深裂し、カギ状の毛が密生する。ワスレナグサは萼に伏毛がある。


これは萼に毛が目立っているので、ワスレナグサではなく、エゾムラサキなどの園芸用の交配種と思われる。
2010年9月18日 花は7mmくらい。植裁 八雲
ワスレナグサの仲間花 ワスレナグサの仲間萼 ワスレナグサの仲間花


葉の基部はやや茎を抱く。
ワスレナグサの仲間葉 ワスレナグサの仲間葉裏面 ワスレナグサの仲間茎
ワスレナグサの仲間 ワスレナグサの仲間




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑