ワラビ(蕨)

夏緑性シダ植物
北海道〜九州の丘陵地の草原や道ばたに生える夏緑性のシダ。地中の長くのびた地下茎から葉を出し、成長すると高さ0.5〜1mくらいになる。葉は3回羽状複葉で、小葉にはつやがなく、全体に黄緑色で、やや硬い。ソーラスは葉縁に沿う。裂片のふちはわずかに内側に巻く。
学名は、Pteridium aquilinum var. latiusculum
コバノイシカグマ科ワラビ属


2009年6月14日 胞子のついた葉 宍道
ワラビ ワラビ ワラビ
ワラビ ワラビ



2009年6月14日 玉湯小羽片の先は切れ込みがない。
ワラビ ワラビ ワラビ
裏面。
ワラビ ワラビ ワラビ
大きな3回羽状複葉。
ワラビ
2008年8月9日 胞子のついた葉。 東忌部
ワラビ ワラビ
2008年6月8日 枕木山
ワラビ ワラビ ワラビ
2007年5月3日 佐草
ワラビ ワラビ ワラビ
ワラビ
2003年5月18日 東忌部2006年4月30日 玉湯
ワラビ ワラビ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑