ウチワゼニクサ(団扇銭草)

多年草
アメリカ合衆国南部の原産。1987年に兵庫県淡路島で見出され、その後西南暖地を中心に帰化が確認されている。やや湿った土地や水中に群生する。茎は匍匐して節から発根し、葉は匍匐茎から互生して長さ3〜20cmの葉柄の先に直径1〜5cmほどの円形の葉身をつける。葉身には浅い鋸歯があり、下面に毛が散生する。葉柄は葉身の中心について盾状になる。葉腋から葉柄と同長かやや短い花茎を出し、上部の節に小さな緑白色の5弁花を数個ずつ固めてつける。果実は扁平な扁円形で長さ約2mm。花期は春から初夏。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Hydrocotyle verticillata var. triradiata
ウコギ科チドメグサ属


2011年7月16日 西尾
ウチワゼニクサ花 ウチワゼニクサ花 ウチワゼニクサ花序
果実は扁平な扁円形
ウチワゼニクサ花序 ウチワゼニクサ花序 ウチワゼニクサ果実
果実は扁平な扁円形
ウチワゼニクサ果実 ウチワゼニクサ ウチワゼニクサ
ウチワゼニクサ



2015年11月11日 栽培品 玉湯花柱が2個ある。花は直径約2.5mm。
ウチワゼニクサ花 ウチワゼニクサ花 ウチワゼニクサ花
セリ科には花柱の基部が子房の上で肥大した柱下体がある。若い果実。
ウチワゼニクサ花 ウチワゼニクサ花 ウチワゼニクサ果実
若い果実は長さ約2mm、幅2.6mm。花茎の上部の節に数個ずつ花をつける。
ウチワゼニクサ果実 ウチワゼニクサ花序 ウチワゼニクサ花序
ウチワゼニクサ葉 ウチワゼニクサ
2011年6月4日 西尾
ウチワゼニクサ花序 ウチワゼニクサ花 ウチワゼニクサ花
ウチワゼニクサ ウチワゼニクサ葉 ウチワゼニクサ葉
葉身の中央に葉柄がつく。
ウチワゼニクサ葉裏面 ウチワゼニクサ葉 ウチワゼニクサ
ウチワゼニクサ ウチワゼニクサ
2015年12月14日 果実 玉湯果実は長さ約2mm。
ウチワゼニクサ果序 ウチワゼニクサ果実 ウチワゼニクサ果実
ウチワゼニクサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑