ウサギアオイ(兎葵)

越年生
地中海沿岸原産。和名ははじめ中国産品につけられ、わが国では1948年に神奈川県大磯で最初に報じられた。現在では全国に分布し、茎は直立または斜上して高さ約50cmになる。葉は5〜7浅裂し、縁には多数の鈍鋸歯を持ち、長い葉柄で互生する。白〜淡紫色の小さな5弁花を葉腋に数個つける。果実は扁平、直径5〜7mm、ほぼ10個の分果に分かれ、分果の背面は蜂の巣状を呈する。 花期は春〜夏。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Malva parviflora
アオイ科ゼニアオイ属
よく似たナガエアオイ(Malva pusilla)は花柄が2〜5cm。分果は12〜15個。 参考サイト Flora of China(Pedicel 2〜5cm、mericarps 12〜15)  中国植物誌(花梗不等長、長2〜5cm、分果片13〜15)


2013年6月16日 東出雲花は直径約6mm。
ウサギアオイ花 ウサギアオイ花 ウサギアオイ花
花柄は長さ約2mm。
ウサギアオイ花 ウサギアオイ花 ウサギアオイ果実
果実は直径約7mm。10個の分果からなる。果実の表面に網目状の凹みがある。
ウサギアオイ果実 ウサギアオイ果実 ウサギアオイ果実
果実の表面に短毛がある。分果は長さ約3mm。
ウサギアオイ果実 ウサギアオイ果実 ウサギアオイ果実
果実の側面に放射状のひだがある。
ウサギアオイ果実 ウサギアオイ果実 ウサギアオイ果実
果柄は長さ約4mm。葉は約2×2.7cm。
ウサギアオイ果柄 ウサギアオイ葉 ウサギアオイ葉
表面は無毛、葉柄に毛が密生する。裏面には短毛と星状毛がある。
ウサギアオイ葉 ウサギアオイ葉裏面 ウサギアオイ葉裏面
下部の葉は大きい。約3×4cm茎は地面を這い、立ち上がるものもある。
ウサギアオイ葉 ウサギアオイ ウサギアオイ
ウサギアオイ ウサギアオイ



2010年5月22日 玉湯花は葉腋に数個ずつつく。
ウサギアオイ花 ウサギアオイ花 ウサギアオイ花
ウサギアオイ花序 ウサギアオイ葉 ウサギアオイ葉
果実は直径約7mm、10個の分果からなる。
ウサギアオイ葉裏面 ウサギアオイ果実 ウサギアオイ果実
葉身は幅8cm、長さ6cm位ある。下部ほど葉柄が長い。
ウサギアオイ果実 ウサギアオイ葉 ウサギアオイ葉
ウサギアオイ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑