ウリカエデ(瓜楓)

落葉小高木
福島県以南〜九州の山地に生える。やや乾燥する尾根筋、または尾根に接する傾斜地。明るい場所を好み、山道沿いや若い2次林に多く見られる。幹は直立し、高さ6〜8m、直径5〜10cmになる。樹皮は緑色に黒い縦の筋が入り、なめらか。若い枝は緑色〜暗紅紫色。無毛。葉は対生。葉身は長さ4〜8cm、幅3〜5cm。ほとんど分裂しないか、浅く3裂し、ときに5裂する。先は尾状にとがり、基部は浅いハート形。ふちには不ぞろいの重鋸歯がある。裏面はやや粉白色。葉柄は長さ1.5〜3cm、花時には裏面の脈上や葉柄に赤褐色の短毛があるが、成葉ではほとんど無毛になる。雌雄別株。淡黄色の花が総状花序に10個内外つく。花序は長さ3〜5cmで赤褐色の縮毛がある。花は直径約8mm。花弁は5個。雄しべは8個。雌花の花柱はそり返り、子房には赤褐色の短毛がある。萼片は5個。果実は翼果。分果は長さ約2cmで無毛。翼は水平に開き、赤味を帯びる。6〜10月に熟す。種子の部分はあまり膨らまない。花期は4〜5月。
冬芽は長さ4〜6mmで、紅色〜紫褐色。芽鱗は2対あるが、外側の1対だけ見える。側芽は対生する。葉痕はV字形またはU字形、維管束痕は3個。(樹に咲く花)
広島の植物ノート 「雄花両性花異株または雄花両性花同株。」
日本植物生理学会の「みんなの広場質問コーナー」の回答に
「樹木では、雌雄異株とされてきたもののうち、カエデの仲間(ウリハダカエデ A. rufinerveやアメリカのA. pensylvanicum, A. grandidentatum, A. rubrumなど)や、ネズミサシの仲間(Junipers australis, J. osteosperma)で性転換が報告されています。私の観察では、ウリカエデでも性転換は起こっています。」とあった。
学名は、Acer crataegifolium
ムクロジ科カエデ属


2011年4月24日 雌雄同株の木 玉湯 雌花序 雌花
ウリカエデ花 ウリカエデ雌花序 ウリカエデ雌花
花柱はそり返り、8本の退化した短い雄しべがある。
ウリカエデ雌花 ウリカエデ雌花
 雄花序 雄花雄花には8本の雄しべのみがある。
ウリカエデ雄花序 ウリカエデ雄花 ウリカエデ雄花
ウリカエデ花序 ウリカエデ ウリカエデ樹皮
ウリカエデ



2010年4月25日 雄花 東忌部3浅裂する葉。
ウリカエデ雄花 ウリカエデ花序 ウリカエデ葉
ウリカエデ ウリカエデ樹皮
2006年4月23日 雄花 西忌部裂けない葉が多く見られる。
ウリカエデ雄花序 ウリカエデ雄花 ウリカエデ葉
ウリカエデ花序
2004年4月11日  雄花 佐草
ウリカエデ花序 ウリカエデ雄花 ウリカエデ
ウリカエデ
2012年8月26日 果実 東出雲分果は長さ約2cmで、2個が対になる。
ウリカエデ果実 ウリカエデ果実 ウリカエデ果実
果皮を取り除いた。取り出した種子。長さ約6mm。
ウリカエデ果実 ウリカエデ種子 ウリカエデ葉
ウリカエデ葉 ウリカエデ葉 ウリカエデ葉裏面
ウリカエデ葉裏面 ウリカエデ ウリカエデ枝
ウリカエデ樹皮 ウリカエデ
2011年5月14日 果実 玉湯
ウリカエデ果実 ウリカエデ果序 ウリカエデ
ウリカエデ ウリカエデ ウリカエデ
ウリカエデ
2004年5月15日 果実 八雲村畑
ウリカエデ果序 ウリカエデ果序 ウリカエデ果序
ウリカエデ葉 ウリカエデ ウリカエデ
2011年11月26日 果実 玉湯黄葉
ウリカエデ果実 ウリカエデ果実 ウリカエデ葉
ウリカエデ
2012年11月28日 黄葉 玉湯
ウリカエデ黄葉 ウリカエデ黄葉 ウリカエデ黄葉
ウリカエデ冬芽 ウリカエデ
2011年2月26日 冬芽 玉湯
ウリカエデ冬芽 ウリカエデ冬芽 ウリカエデ冬芽
果実
ウリカエデ果実 ウリカエデ果実 ウリカエデ果実
幹は帯緑灰褐色。
ウリカエデ果実 ウリカエデ冬芽 ウリカエデ樹皮
2006年2月19日 冬芽 大庭
ウリカエデ冬芽 ウリカエデ冬芽 ウリカエデ樹皮
ウリカエデ
2004年4月25日 佐草
ウリカエデ ウリカエデ
2011年4月17日 芽吹き 玉湯
ウリカエデ芽吹き ウリカエデ芽吹き ウリカエデ芽吹き
ウリカエデ芽吹き ウリカエデ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑