ウラシマソウ(浦島草)

多年草
北海道南部〜九州の山野の木陰に生える。地中の球茎は多数の子球をつくり、盛んに栄養繁殖をするので、かたまって生えることが多い。葉はふつう1個根生し、11〜17個の小葉からなる鳥足状複葉。葉柄は高さ40〜50cmで、太くて茎のようにみえる。葉柄の基部から花茎をだし、葉の陰に紫褐色の仏炎苞に包まれた肉穂花序に花をつける。雌雄異株。若い株は雄花、肥大した球茎をもつ大きな株になると雌花をつける。花序の先の付属体は紫黒色で、長さ60cmもある。花期は3〜5月。(野に咲く花)
学名は、Arisaema thunbergii subsp. urashima
サトイモ科テンナンショウ属
似たものにナンゴクウラシマソウがあり、付属体の基部が白く太く小じわが密生し、中国地方や四国、九州に分布。


2004年4月11日 城山公園
ウラシマソウ ウラシマソウ ウラシマソウ
2006年4月30日 玉湯付属体の基部はしわがなく平滑。付属体が長く上へ伸びて垂れる。
ウラシマソウ ウラシマソウ ウラシマソウ
ウラシマソウ



2004年4月6日 葉は一枚の鳥足状複葉 城山公園
ウラシマソウ ウラシマソウ ウラシマソウ
2005年5月15日 果実 城山公園付属体の基部はしわはなく平滑。
ウラシマソウ ウラシマソウ ウラシマソウ
花序は葉柄の基部から直立する。
ウラシマソウ ウラシマソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑