ウラジロガシ(裏白樫)

常緑高木
宮城・新潟以西〜沖縄の山地に生える。高さ約20m、直径80cmほどになる。樹皮は灰黒色でなめらか。円形の白っぽい皮目が散生する。本年枝には淡褐色の毛が密生するが、2年目以降は無毛となる。小さな円形の皮目が多い。葉は互生。葉身は長さ9〜15cm、幅2.5〜4cmの長楕円状披針形で、薄い革質。先端は鋭く尖り、基部は広いくさび形、葉身の3分の2以上にはやや鋭い浅い鋸歯がある。表面にははじめ柔らかい伏毛が散生するが、のち無毛となり、光沢がある。主脈は裏面に突出する。裏面にははじめ黄褐色の絹毛が密生するが、のちロウ質を分泌して粉白色になる。葉柄は長さ1〜2cm。托葉は長さ1cmほどの線形で、開葉後まもなく落ちる。雌雄同株。長さ5〜7cmの雄花序が新枝の下部から数個垂れ下がる。花序の軸には褐色の軟毛がある。雄花は苞のわきに1〜3個ずつつく。苞は褐色で長さ2〜3mmの広楕円形。雄しべは3〜6個。雌花序は新枝の上部の葉腋に直立し、雌花が3〜4個つく。花柱は3個。果実は堅果。長さ1.2〜2cmの広卵形で、翌年の秋に成熟する。下部は鱗片が合着した同心円状の環が7個並んだ殻斗に包まれる。殻斗には短毛が密生する。花期は5月
冬芽は長楕円形。芽鱗には白色の絹毛が密生する。(樹に咲く花)
学名は、Quercus salicina
ブナ科コナラ属


2015年4月8日 新芽 東出雲
ウラジロガシ新芽 ウラジロガシ新芽 ウラジロガシ葉
葉は葉柄を含めて長さ約12cm。裏面はロウ質で白色。
ウラジロガシ葉 ウラジロガシ葉裏面 ウラジロガシ
ウラジロガシ樹皮 ウラジロガシ



2007年12月23日 冬芽 東持田先端は細く尖る。鋸歯の先は鋭くとがる。
ウラジロガシ冬芽 ウラジロガシ葉 ウラジロガシ葉鋸歯
葉裏は白い。葉縁が波打つものが多い。
ウラジロガシ葉裏面 ウラジロガシ葉 ウラジロガシ葉
枝先の樹皮。
ウラジロガシ枝 ウラジロガシ樹皮 ウラジロガシ
2007年12月23日 冬芽 東持田
ウラジロガシ冬芽 ウラジロガシ葉 ウラジロガシ葉裏面
ウラジロガシ葉 ウラジロガシ葉 ウラジロガシ樹皮
ウラジロガシ
2006年2月19日 冬芽 大庭
ウラジロガシ冬芽 ウラジロガシ葉 ウラジロガシ葉裏面
ウラジロガシ葉
2006年3月5日 冬芽 八雲
ウラジロガシ冬芽 ウラジロガシ葉 ウラジロガシ葉裏面
ウラジロガシ枝 ウラジロガシ樹皮 ウラジロガシ
2005年11月26日 大庭
ウラジロガシ ウラジロガシ ウラジロガシ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑