ウラジロ(裏白)

常緑多年性シダ植物
新潟以南の暖帯の日当たりのよい乾燥した丘陵斜面に生える。根茎は長くはい葉は1対の羽片(葉)を出したところで生長を休止して羽片の間に芽を作り、翌年次の1対を出す。羽片は2回羽状深裂する。7月始めごろ、葉の裏面に3〜4個の大きな胞子嚢よりなる黄緑色のソーラスをつける。ソーラスは裂片の中央の脈にそって両側に一列に並ぶ。胞子期は7月。
にたものに小型のコシダがある。
学名は、Diplopterygium glaucum
ウラジロ科ウラジロ属


2016年1月10日 八雲小羽片の基部の裂片の爪が中軸を抱いている。
ウラジロ ウラジロ ウラジロ
葉の裏面は白い。羽片の間から新芽が伸びる。
ウラジロ ウラジロ ウラジロ
毎年1対ずつ羽片がでる。
ウラジロ ウラジロ



2008年6月15日 東忌部
ウラジロ ウラジロ ウラジロ
辺縁に毛があるように見える。
ウラジロ ウラジロ ウラジロ
2006年11月25日 東忌部
ウラジロ ウラジロ ウラジロ
ウラジロ
2011年6月9日 大庭
ウラジロ ウラジロ ウラジロ
ウラジロ
2008年4月27日 羽片の基部から新芽が伸びる。 東忌部
ウラジロ ウラジロ
2008年5月17日 新芽 東持田
ウラジロ ウラジロ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑