ウメモドキ(梅擬)

落葉低木
本州〜九州の湿地または湿った落葉広葉樹林内に生える。高さ2〜3mになる。枝は暗褐色。本年枝は細く、垢状の短毛がある。側枝は短枝化しやすい。葉は互生。葉身は長さ3〜8cm、幅1.5〜3cmの楕円形または卵状長楕円形。先端はとがり、基部は鋭形。ふちには細かい鋸歯がある。表面には短毛が散生し、裏面脈上には細かい開出毛がある。葉柄は長さ4〜9mm。雌雄別株。本年枝の葉腋に淡紫色の花をつける。花序の軸がきわめて短ので、花は束生しているように見える。雄花序には5〜20個、雌花序には2〜4個の花がつく。花は直径3〜4mm。花弁は4〜5個、楕円形で長さ約4mm。萼片は4〜5個。雄花には雄しべが4〜5個と退化した雌しべがある。雌花には退化した雄しべがある。子房は球形で花柱はごく短い。果実は核果。直径約5mmの球形で、9〜10月に赤色に熟し、落葉後も落ちずに残り美しい。なかには核が4〜5個入っている。核は三角状楕円形で長さ約2mm、表面はなめらか。花期は6月頃。
冬芽は円錐形で長さ1mmほど。しばしば副芽を伴う。芽鱗は4〜8個。葉痕は半円形で、左右に微小な突起(托葉)がある。維管束痕は1個。(樹に咲く花)
学名は、Ilex serrata
モチノキ科モチノキ属


2004年6月27日 植栽 斐川
ウメモドキ果実 ウメモドキ ウメモドキ
ウメモドキ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑