ウメバチソウ(梅鉢草)

多年草
北海道〜九州の山野の日当たりのよい湿地に生える。根生葉は数個が束生し、長い柄がある。葉身は長さ幅とも2〜4cmの広卵形で、基部は心形。茎葉は無柄で茎を抱く。花茎は高さ10〜40cm、茎頂に直径2〜2.5cmの白色の花を1個を上向きに開く。花弁は5個、雄しべは5個。花粉をださない仮雄しべ5個は、先が糸状に12〜22裂し、先端に小さい球状の黄色い腺体がつく。子房上位で雌しべの柱頭は4裂する。花期は8〜10月。(山に咲く花)
学名は、Parnassia palustris var. palustris
ニシキギ科ウメバチソウ属


2004年10月30日 佐草 雄しべはまだ開いていない。3本の雄しべが開いている。
ウメバチソウ花 ウメバチソウ花 ウメバチソウ葉
ウメバチソウ



2005年10月23日 佐草
ウメバチソウ花 ウメバチソウ葉 ウメバチソウ
2004年11月13日 果実 佐草柱頭の先は4裂する。仮雄しべの先に腺体がある。
ウメバチソウ果実 ウメバチソウ花 ウメバチソウ花
ウメバチソウ花
2004年11月28日 果実 佐草2006年10月28日 佐草
ウメバチソウ果実 ウメバチソウ花
2006年10月9日 佐草2005年10月1日 蕾 佐草
ウメバチソウ花 ウメバチソウ蕾 ウメバチソウ蕾


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑