ウメ(梅)

落葉小高木〜高木
中国中部原産。全国で栽培され、九州の一部では野生化している。樹皮は暗褐色で不ぞろいな割れ目が入る。新枝は緑色で無毛またはわずかに毛がある。ルーペで見ると白っぽい細点が無数にある。葉は互生。葉身は長さ4〜9cm、幅3〜5cmの倒卵形または楕円形。先端は急に狭くなってとがり、基部は広いくさび形〜円形。ふちには細かい鋸歯がある。両面とも微毛がある。葉柄は長さ1〜2cmで、微毛がある。蜜腺は葉身の基部または葉柄の上部にある。葉の展開前に開花する。前年枝の葉腋に直径2〜3cmの花が1〜3個つく。花には芳香があり、ふつう白色。紅色や淡紅色のものもある。花弁は広倒卵形〜広卵形でふつう5個。先端は円形、基部は広いくさび形でごく短い爪状の柄がある。雄しべは多数あり、花弁より短い。花糸は無毛。雌しべは1個。子房には毛が密生する。萼筒は広い鐘形。萼片は広楕円形で、アンズと違ってそり返らない。花柄はほとんどない。果実は核果。直径2〜3cmのほぼ球形。6月頃、黄色に熟す。表面にはビロード状の毛が密生する。核は直径約1cmの扁平な楕円形で、表面には小さな穴が多い。果肉と核は離れにくい。花期は2〜3月。
冬芽の花芽は扁球形。葉芽は小さな円錐形。葉痕は扁円形で少し隆起する。維管束痕は3個。(樹に咲く花)
学名は、Armeniaca mume
バラ科アンズ属


2004年12月18日 玉湯
ウメ ウメ ウメ
2002年2月2日 植栽 大庭2002年2月3日 植栽 紅梅 佐草
ウメ ウメ



2004年5月28日 果実 乃白
ウメ ウメ ウメ
2007年12月16日 冬芽 玉湯
ウメ ウメ ウメ
ウメ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑