ウグイスカグラ(鶯神楽)

落葉低木
 北海道〜四国の山野に生え、高さ1.5〜3m。樹皮は裂けてはがれる。葉は対生し長さ2.5〜5cmの広楕円形〜倒卵形でふつう無毛だが葉や苞のふちに毛が生えることがある。全縁で裏面は帯緑白色。本年枝の葉腋から花柄を出して、淡紅色の花を普通1個下垂する。花冠は細い漏斗形で、先端は5裂して平開する。果実は液果、楕円形で赤く熟す。花期は4〜5月。
冬芽は長さ2〜4mmの卵形。芽鱗は1〜2対。徒長枝には葉柄の基部が広がり、対の葉柄の基部と合着したつばが残っている。
ウグイスカグラはふつう全体無毛で、ヤマウグイスカグラは枝、葉、花に毛があり、ミヤマウグイスカグラは腺毛がある。
学名は、Lonicera gracilipes var. glabra
スイカズラ科スイカズラ属



2004年3月28日 大庭

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ

2004年4月4日 西尾

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ




2005年4月17日 西尾2006年5月21日 大庭

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ

2006年4月22日 浜乃木

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ

2009年3月20日 西忌部

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑