ウバメガシ(姥目樫)

常緑低木
神奈川県以西の太平洋側〜九州の暖地の海岸近くの山地に生える。よく枝分かれして、ふつう高さは3〜5mになる。大きいものは高さ10m、直径60cmほどになるものもある。樹皮は黒褐色。老木では縦に浅く裂ける。本年枝は紫褐色。はじめ灰褐色の星状毛が密生するが、翌年は無毛になる。円い皮目が目立つ。葉は互生。葉身は長さ3〜6cm、幅2〜3cmの楕円形で、厚い革質。先端や基部は円形、上半部のふちに浅い鋸歯がまばらにある。表面は光沢があり、裏面は淡緑色。両面ともはじめ主脈に星状毛と短毛があるが、のち無毛になる。葉柄は長さ約5mm。托葉は長さ1cmほどの長楕円形。開葉後すぐに落ちる。雌雄同株。新葉の展開と同時に開花する。雄花序は長さ2〜2.5cm、新枝の下部から垂れ下がる。花序の軸には星状毛が密生する。雄花の花被片は直径約2.5mm。雄しべは4〜5個。雌花は新枝の上部の葉腋に1〜2個つく。雌花には柄があり、花柱は3個。果実は堅果。長さ約2cmの楕円形。1年目はほとんど成長せず、翌年の秋に成熟する。殻斗には黄褐色の毛が密生した鱗片が瓦重ね状に並ぶ。花期は4〜5月
冬芽は長さ6〜7mmの狭卵形。頂芽のまわりに頂生側芽がつく。(樹に咲く花)
学名は、Quercus phillyraeoides
ブナ科コナラ属


2013年4月22日 植栽 鹿島雄花雄しべは4〜5個。
ウバメガシ雄花序 ウバメガシ雄花序 ウバメガシ雄花
雄花雄花雌花の花柱は3個。
ウバメガシ雄花 ウバメガシ雄花 ウバメガシ雌花
雌花雌花と雄花。雌花は上部の、雄花は下部の葉腋につく。
ウバメガシ ウバメガシ ウバメガシ
葉の先端部に浅い鋸歯がある。
ウバメガシ ウバメガシ葉 ウバメガシ葉裏面
裏面の細脈。
ウバメガシ葉裏面 ウバメガシ



2011年4月29日 植栽 蕾 東生馬葉の先端部に浅い鋸歯がある。
ウバメガシ蕾 ウバメガシ葉 ウバメガシ葉裏面
細かな網状脈がある。
ウバメガシ葉裏面 ウバメガシ葉 ウバメガシ樹皮
ウバメガシ

下記は葉裏に星状毛があるように見えることから、ケウバメガシ(Quercus phillyraeoides var. wrightii)と呼ばれるタイプと思われる。
2008年10月4日 果実 和久羅山 植栽葉の先端部に浅い鋸歯がある。
ウバメガシ果実 ウバメガシ果実 ウバメガシ葉
ウバメガシ葉裏面 ウバメガシ葉裏面 ウバメガシ葉
ウバメガシ冬芽 ウバメガシ枝 ウバメガシ葉
ウバメガシ樹皮 ウバメガシ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑