チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)

落葉低木
朝鮮半島原産。高さ2〜4mになる。枝は弓なりに長くのびる。枝の髄ははしご状。円形の皮目が多い。葉は対生。葉身は長さ5〜10cm、幅1.7〜3cmの卵形。中央より下部が最も広い傾向がある。上半部には鋭い鋸歯がある。若枝では3裂することがある。雌雄別株。葉の展開前に開花する。花は濃黄色で直径約3cm。雌花のほうが裂片の幅が広い。果実はさく果。長さ1.5cmほどの卵形。花期は3〜4月。
冬芽は長さ3〜5mmの円錐形。花芽は大きく、長さ4〜8mm。
学名は、Forsythia viridissima var. koreana
モクセイ科レンギョウ属
シナレンギョウ:枝は直立。葉は長楕円形、上半部に鋸歯。枝の髄ははしご状。種子に翼がない。
レンギョウ:枝はよくのびて下垂。葉は卵形、基部は円形、縁に粗い鋸歯。枝は節を除いて中空。




まだ画像はありません。


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑