チョウセンガリヤス(朝鮮刈安)

多年草
北海道〜九州の海岸の乾燥した岩場に生育し、やや群生する。茎は高さ30〜60cm、短い根茎があり、越冬芽は茎の基部に着生し、卵形の堅い鱗片に包まれて地表にある。茎は直立・叢生し、細いが堅い。葉は長さ3〜8cm、幅3〜6mm、葉鞘とともに両面にまばらな長い毛を生じる。葉舌は短く縁に毛がある。花序は円錐状、長さ4〜8cm。小穂は披針形、暗紫色を帯び、2〜4小花からなり、芒とともに長さ10mm。第1苞穎は狭卵形、長さ1.5mm、第2苞穎は広披針形、3mm。果実は挟披針形、鈍頭、乳白色、長さ4mm。花期は8〜9月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Cleistogenes hackelii
イネ科チョウセンガリヤス属


2011年9月24日 鹿島小穂は暗紫色を帯びる。小穂
チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス
小花
チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス
チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス



2011年9月10日 島根小穂は暗紫色を帯びる。
チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス
花序は長さ約5cm。小穂は芒を含め長さ約9mm。
チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス
4小花があり、苞穎は2mm、3mm。護穎と内穎は同長。小花、護穎の芒は約2mm。
チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス
護穎葉は長さ5cm。葉鞘口部に長毛がある。
チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス
茎は細いが堅い。
チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス
岩場に群生する。
チョウセンガリヤス チョウセンガリヤス


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑