チョウジタデ(丁字蓼)

1年草
日本全土の水田や水湿地に生える。高さ30〜70cm。茎には稜があり、しばしば赤みを帯びる。葉は長さ3〜10cm、幅1〜2cmの披針形。表面は側脈が目立ち、秋には紅葉する。葉腋に柄のない直径6〜8mmの黄色の小さな花をつける。花弁は萼片より短い。さく果は長さ1.5〜3cm。花期は8〜10月。(野に咲く花)
学名は、Ludwigia epilobioides
アカバナ科チョウジタデ属
似た花にウスゲチョウジタデがあり、茎は直立して多くの枝を分け、葉とともに細毛が多い。葉は秋期紅葉しない。花弁は萼片より長く、花床には白い毛が密生する。花弁の幅が広く、隣の花弁との隙間ができない。萼片は普通5枚で長さ3〜4mm。果実の各室にある種子が2列とされる。


2012年9月12日 八雲花弁は4〜5個ある。花は直径約5mm。
チョウジタデ花 チョウジタデ花 チョウジタデ花
チョウジタデ果実 チョウジタデ花序 チョウジタデ



2007年9月15日 東忌部花弁は4〜5個ある。花床に毛がないことは、確認。
チョウジタデ花 チョウジタデ花 チョウジタデ花
チョウジタデ葉 チョウジタデ葉裏面 チョウジタデ
2010年8月13日 玉湯茎には稜がある。
チョウジタデ花 チョウジタデ果実 チョウジタデ茎
チョウジタデ葉 チョウジタデ葉裏面 チョウジタデ
チョウジタデ
2005年8月28日 東忌部
チョウジタデ花 チョウジタデ花 チョウジタデ花序
2005年9月18日 東忌部
チョウジタデ花 チョウジタデ花序
2011年11月2日 果実 荘成
チョウジタデ果実 チョウジタデ果実 チョウジタデ果実
種子は長さ約1mm。種子はスポンジ状の内果皮に包まれる。
チョウジタデ種子 チョウジタデ種子 チョウジタデ葉
チョウジタデ葉 チョウジタデ葉裏面 チョウジタデ茎
チョウジタデ果序 チョウジタデ チョウジタデ
2003年10月4日 果実 乃白
チョウジタデ果実 チョウジタデ果序 チョウジタデ
2013年1月31日 果実 東忌部果実が裂けて種子が落ち筋だけ残る。
チョウジタデ果実 チョウジタデ チョウジタデ果序
果実は長さ約8mm、先端に萼が残る。果実の先端に残った萼。
チョウジタデ果実 チョウジタデ果実 チョウジタデ宿存萼
果実の中に内果皮に包まれた種子がある。スポンジ状の内果皮に包まれた種子。
チョウジタデ種子 チョウジタデ種子 チョウジタデ種子
種子は長さ約0.7mm。
チョウジタデ種子 チョウジタデ種子 チョウジタデ種子
チョウジタデ種子 チョウジタデ種子 チョウジタデ
2004年9月26日 乃白
チョウジタデ チョウジタデ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑