チャルメルソウ(哨吶草)

多年草
本州(福井県・滋賀県・三重県以西)、九州(北部)の山地谷沿いの陰湿地に生える。根性葉は柄があり、長さ4〜8cmの広卵形で基部は心形、葉柄と両面に長毛と腺毛がある。花茎は高さ15〜30cm、多数の花をつける。花弁は羽状に3〜5裂し、萼裂片は直立する。果実は広鐘形で開口し、長楕円形の種子がある。花期は4〜5月。(山に咲く花)
学名は、Mitella furusei var. subramosa
ユキノシタ科チャルメルソウ属
よく似たコチャルメルソウは、萼裂片が平開し、花弁が7〜9裂する。


2009年4月12日 八雲萼裂片は直立し、花弁が3〜5裂し反曲する。
チャルメルソウ花 チャルメルソウ チャルメルソウ花
チャルメルソウ花 チャルメルソウ花 チャルメルソウ花序
チャルメルソウ チャルメルソウ



2008年5月17日 東持田花弁が4個あり、3裂し反曲している。裂開した果実 長楕円形の種子がみえる。
チャルメルソウ花 チャルメルソウ花 チャルメルソウ果実
チャルメルソウ果実 チャルメルソウ花序 チャルメルソウ葉
チャルメルソウ葉裏面 チャルメルソウ
2014年5月4日 果実 八雲果実は直径約3mm。裂けた柱頭と5個の雄しべが残っている。
チャルメルソウ果実 チャルメルソウ果実 チャルメルソウ果実
果実の縦断面、下部に種子が入っている。果実は熟すと上部が裂けてくる。
チャルメルソウ果実 チャルメルソウ果実 チャルメルソウ果実
チャルメルソウ チャルメルソウ チャルメルソウ
2014年5月1日 裂開した果実 玉湯
チャルメルソウ果実 チャルメルソウ果実 チャルメルソウ果実
萼に包まれた裂開した果実、幅約7mm。長楕円形の種子が立ち並ぶ。
チャルメルソウ果実 チャルメルソウ果実 チャルメルソウ果実
長楕円形の種子は長さ約1.5mm。
チャルメルソウ果実 チャルメルソウ果実 チャルメルソウ
2004年5月2日 裂開した果実 佐草
チャルメルソウ果実 チャルメルソウ果実
2007年4月14日 玉湯2004年4月3日 楽山公園2005年4月2日 八雲須谷
チャルメルソウ花 チャルメルソウ チャルメルソウ花
2004年3月13日 蕾 法吉2003年10月18日 葉 上東川津2007年2月25日 葉 八雲
チャルメルソウ チャルメルソウ チャルメルソウ
2004年4月3日 西川津
チャルメルソウ チャルメルソウ チャルメルソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑