ツタウルシ(蔦漆)

つる性落葉木本
北海道〜九州の山地の落葉樹林内に生える。つるから気根を出して、ほたの樹木の幹をはい登り、日の当たる樹冠部で枝を広げる。秋には紅葉する。樹皮は黒褐色。若枝には褐色の毛が密生するが、のちに無毛になり、小さい皮目が無数にできる。本年枝は直径2〜5mm。葉は互生。3出複葉。小葉は卵形または楕円形で、先は短くとがり、基部はくさび形または円形。側脈は7〜9対。頂小葉は長さ5〜15cm、幅3〜9cm、側小葉は長さ5〜12cm、幅3.5〜7cm。表面は無毛、裏面は側脈の基部に褐色の毛が密生する。成木の葉は全縁だが、幼木の葉には粗い鋸歯がある。雌雄別株。葉腋から総状花序をのばし、黄緑色の小さな花を多数つける。花序は長さ3〜5cm。花弁は5個、長さ約3mmの長楕円形で、雄花も雌花も反り返る。雄花の雄しべは5個。雌花には退化した雄しべが5個と雌しべが1個ある。花柱は3裂する。果実は核果。直径5〜6mmの扁球形で縦の筋があり、表面には短い刺毛が散生する。8〜9月に黄褐色に熟す。のちに外果皮ははがれ、白いロウ質の中果皮が露出する。核は黄褐色で扁球形。花期は5〜6月。
冬芽は裸芽で褐色の毛が密生する。頂芽は長さ4〜8mm。側芽は球形〜卵形で長さ1〜3mm。葉痕はハート形〜腎臓形でやや隆起する。維管束痕は7個。(樹に咲く花)
学名は、Toxicodendron radicans subsp. orientale
ウルシ科ウルシ属


2014年5月1日 雄花 玉湯花は直径約5mm、花弁が反り返る。
ツタウルシ花 ツタウルシ花 ツタウルシ花
雄しべ5個、退化した雌しべ1個。
ツタウルシ花 ツタウルシ花序 ツタウルシ葉
頂小葉は長さ約13cm。
ツタウルシ葉 ツタウルシ葉 ツタウルシ葉裏面
裏面の脈腋に毛叢がある。
ツタウルシ葉裏面 ツタウルシ



2008年5月4日 雄花 玉湯
ツタウルシ花 ツタウルシ花序 ツタウルシ葉
ツタウルシ葉裏面 ツタウルシ
2005年5月8日 雌花 西忌部
ツタウルシ雌花序 ツタウルシ雌花 ツタウルシ葉
ツタと混生している。単葉はツタ。
ツタウルシ葉 ツタウルシ ツタウルシ
2011年4月29日 蕾 島根
ツタウルシ蕾 ツタウルシ蕾 ツタウルシ葉
つるには皮目が多い。
ツタウルシ葉 ツタウルシつる ツタウルシ
2012年2月4日 果実 白い中果皮が露出。 玉湯
ツタウルシ果実 ツタウルシ果実 ツタウルシ果序
果実には縦の筋がある、長さ約4mm。中果皮を除くと、黄褐色の核がある。
ツタウルシ果実 ツタウルシ果実 ツタウルシ
樹木の幹を這い上がる。気根を出している。
ツタウルシつる ツタウルシつる ツタウルシつる
ツタウルシ
2009年9月5日 果実 玉湯果実の表面に刺毛がある。
ツタウルシ果実 ツタウルシ果実 ツタウルシ葉
ツタウルシ ツタウルシ ツタウルシ
2005年11月20日 果実 忌部
ツタウルシ果実 ツタウルシ果実 ツタウルシ
2006年6月11日 若い果実 忌部高原
ツタウルシ果実 ツタウルシ果実 ツタウルシ果実
2012年4月14日 若葉 八雲気根が見える。
ツタウルシ若葉 ツタウルシ若葉 ツタウルシ気根
ツタウルシ
2011年2月20日 冬芽 玉湯
ツタウルシ冬芽 ツタウルシ冬芽 ツタウルシ葉痕
ツタウルシ ツタウルシ ツタウルシ
ツタウルシ
2010年4月8日 葉痕 玉湯
ツタウルシ葉痕 ツタウルシ葉痕 ツタウルシ
2004年5月3日 雄花 上乃木
ツタウルシ ツタウルシ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑