ツタ(蔦)

落葉つる性木本
北海道〜九州の山野の林内や林縁に生える。樹皮は黒褐色。節から先端が吸盤になった巻きひげをのばし、樹冠や岩盤をよじ登る。本年枝は赤褐色〜黄褐色で無毛。丸い皮目が多数ある。短枝が発達する。葉は2形あり、花のつく短枝の葉は大きく、長い葉柄がある。葉身は長さ幅とも5〜15cmの広卵形で、上部は3裂し、裂片の先は鋭く尖り、縁には先が芒になるまばらな鋸歯がある。基部は深いハート形。質はやや厚く、ほぼ無毛。葉柄は長さ約15cm。花のつかない長枝の葉は小さく、葉柄も短い。切れ込みのないものから1〜3裂するもの、3小葉のものが混じる。短枝から長さ3〜6cmの集散花序を出し、黄緑色の小さな花を多数つける。花は直径2〜3mm。花弁と雄しべは5個。果実は液果。直径5〜7mmの球形で、秋には藍黒色に熟す。表面には白い粉がつく。種子は長さ4〜5mmの倒卵形。別名 ナツヅタ。花期は6〜7月。
冬芽は長さ1〜2mmの円錐形。芽鱗は褐色で3〜5個。葉痕はほぼ円形。(樹に咲く花)
学名は、Parthenocissus tricuspidata
ブドウ科ツタ属


2015年7月2日 鹿島雄性期の花は花弁があり、雄しべ5個。
ツタ花 ツタ花 ツタ花
花弁は反曲し、直径約6mm。
ツタ花 ツタ花 ツタ花
ツタ花 ツタ ツタ
2014年7月9日 島根雄性期の花は花弁があり、雄しべ5個。
ツタ花 ツタ花 ツタ花
花は直径約7mm。花粉を出しきり、花弁や雄しべが落ち雌しべだけの雌性期になる。
ツタ花 ツタ花 ツタ花
蟻が蜜をなめにやって来る。蕾。
ツタ ツタ蕾 ツタ
ツタ



2011年7月23日 島根雄しべが花粉をだす雄性期。
ツタ花 ツタ花 ツタ花
花弁や雄しべが落ちた雌性期の花。
ツタ花 ツタ花序 ツタ花序
ツタ ツタ
2008年7月5日 鹿島
ツタ花 ツタ花序 ツタ葉

鋸歯の先端は芒になる。
ツタ葉裏面 ツタ葉 ツタ
2008年8月15日 上乃木
3小葉になるものもある。
ツタ葉 ツタ葉裏面 ツタ葉
鋸歯の先端は芒になる。
ツタ葉 ツタ ツタ
2006年7月15日 蕾 鹿島
ツタ ツタ ツタ
2014年8月12日 若い果実 鹿島果実は直径約6mm。
ツタ果実 ツタ果実 ツタ果実
果実の横断面、種子が2個ある。種子が3個あったもの、長さ約4mm。
ツタ果実 ツタ果実 ツタ種子
種子の背面。種子の腹面。種子の側面。
ツタ種子 ツタ種子 ツタ種子
ツタ果序 ツタ ツタ
2013年11月16日 果実 西尾果実には白粉がついている。
ツタ果実 ツタ果実 ツタ果実
果実は直径約7mm。種子は長さ約6mm。
ツタ果実 ツタ種子 ツタ種子
種子の背面。種子の腹面。種子の側面。
ツタ種子 ツタ種子 ツタ種子
吸盤で張り付いている。
ツタ ツタ ツタ
ツタ
2011年9月10日 果実 島根短枝の先から果序(花序)を出す。
ツタ ツタ ツタ
ツタ ツタ
2010年8月4日 果実 美保関千酌
ツタ ツタ ツタ
鋸歯の先が芒となる。脈上に毛がある。
ツタ ツタ ツタ
ツタ ツタ ツタ
2011年7月18日 巻きひげの吸盤  鹿島巻きひげの先端が円盤状になり付着する。
ツタ ツタ ツタ
ツタ
2011年9月24日 巻きひげの吸盤  鹿島巻きひげの先端が円盤状になり付着する。
ツタ ツタ ツタ
ツタ ツタ
2015年4月22日 若葉 島根
ツタ若葉 ツタ若葉 ツタ若葉
ツタ
2011年4月29日 若葉 島根
ツタ若葉 ツタ若葉 ツタ
2011年3月5日 短枝の先の冬芽 殿葉痕は円形。
ツタ冬芽 ツタ冬芽 ツタ葉痕
中央が短枝。
ツタ ツタ ツタ
ツタ
2004年7月11日 かんべの里
ツタ ツタ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑