ツルシキミ(蔓樒)

落葉小低木
北海道、東北地方、中部地方以西の日本海側〜九州の山地の上部の林内に生える。幹の下部は匍匐し、上部は立ち上がって高さ50cmほどになる。果実は12月頃赤くなる。 葉や花、果実などはミヤマシキミとほとんど同じ。花期は4〜5月。
学名は、Skimmia japonica var. intermedia f.repens
ミカン科ミヤマシキミ属
ミヤマシキミ
「常緑低木。本州(関東地方以西)四国、九州の林内。高さ1〜1.5mになる。樹皮は灰色。若い枝は緑色。葉は互生。葉身は長さ6〜13cm、幅1.5〜5cmの倒卵状長楕円。先は鈍く、基部はくさび形。ふちは全縁。革質で表面は光沢があり、裏面には透明な油点がある。葉柄はすこし赤紫色を帯びる。雌雄別株。枝先に円錐花序だし、香りのある白い花を多数つける。花は直径約1cm。花弁は4個。長さ4〜5mmの長楕円形。雄花の雄しべは4個で直立する。雌花には退化した雄しべがあり、子房は球形、柱頭は平たく、浅く4〜5裂する。萼は浅く4裂する。萼や花柄、花序の軸などは赤紫色。果実は核果。直径5〜8mmのほぼ球形、12〜2月に赤く熟す。核は長さ6〜8mmのほぼ広卵形で、先はとがる。」


2014年4月19日 雌花 東出雲子房は球形、柱頭は4裂する。雌花はまばらにつく。
ツルシキミ雌花 ツルシキミ雌花 ツルシキミ雌花
花は直径約8mm。雌しべと退化した雄しべがある。
ツルシキミ雌花 ツルシキミ雌花 ツルシキミ雌花
平たい柱頭は4裂する。
ツルシキミ柱頭 ツルシキミ ツルシキミ



2014年4月19日 雄花 東出雲雄花は密集してつく。
ツルシキミ雄花 ツルシキミ雄花 ツルシキミ雄花
花は直径約8mm。
ツルシキミ雄花 ツルシキミ雄花 ツルシキミ雄花
雄しべと退化した雌しべがある。
ツルシキミ雄花 ツルシキミ雄花 ツルシキミ
ツルシキミ
2010年4月10日 雌花 宍道柱頭が目立ち、雄しべは退化している。
ツルシキミ雌花 ツルシキミ雌花 ツルシキミ雌花
柱頭が4裂している。雌花はまばらにつく。
ツルシキミ柱頭 ツルシキミ
雄花は密集してつく。雌しべは退化している。
ツルシキミ雄花 ツルシキミ雄花 ツルシキミ雄花
ツルシキミ雄しべ ツルシキミ ツルシキミ
2007年4月8日 雄花 枕木
ツルシキミ雄花 ツルシキミ雄花 ツルシキミ
2004年4月4日 雄花 西尾
ツルシキミ雄花 ツルシキミ雄花 ツルシキミ雄花
2005年4月17日 雄花 西尾
ツルシキミ雄花 ツルシキミ雄花 ツルシキミ
2015年3月17日 蕾 鹿島
ツルシキミ蕾 ツルシキミ蕾 ツルシキミ蕾
幹の下部が地面を這っている。
ツルシキミ ツルシキミ ツルシキミ
2013年3月7日 果実 西尾果実は直径約10mm。
ツルシキミ果実 ツルシキミ果実 ツルシキミ果実
核(種子)が2個あった。長さ約6mm。葉は長さ約10cm。
ツルシキミ種子 ツルシキミ果実 ツルシキミ葉
葉の先端部には小さな鋸歯がある。
ツルシキミ葉 ツルシキミ葉裏面 ツルシキミ葉裏面
落射照明のみ。油点がある。透過照明のみ。透明な油点が透けて見える。落射と透過併用。透明、不透明な油点がある。
ツルシキミ葉裏面 ツルシキミ葉裏面 ツルシキミ葉裏面
ツルシキミ葉裏面 ツルシキミ樹皮 ツルシキミ
ツルシキミ
2003年10月12日 果実 上来待
ツルシキミ果実 ツルシキミ果実 ツルシキミ
2004年10月24日 果実 朝日山下部の幹は地を這っている。
ツルシキミ果実 ツルシキミ
2004年9月11日 若い果実 朝日山
ツルシキミ果実 ツルシキミ果実 ツルシキミ葉
下部の幹は地を這っている。
ツルシキミ ツルシキミ ツルシキミ
2013年2月28日 冬芽 宍道葉痕。
ツルシキミ冬芽 ツルシキミ冬芽 ツルシキミ葉痕
蕾。樹皮。上部の若い幹は緑色。下部の樹皮は灰色。
ツルシキミ蕾 ツルシキミ樹皮 ツルシキミ樹皮
ツルシキミ
2011年2月23日 冬芽 玉湯
ツルシキミ冬芽 ツルシキミ冬芽 ツルシキミ冬芽
ツルシキミ葉 ツルシキミ葉裏面 ツルシキミ葉裏面
裏面には油点がある。
2月26日
ツルシキミ葉裏面 ツルシキミ樹皮 ツルシキミ
ツルシキミ
2008年3月15日 枕木山
裏面には油点がある。
ツルシキミ葉 ツルシキミ葉表裏 ツルシキミ葉裏面
冬芽の先はとがる。
ツルシキミ冬芽 ツルシキミ葉 ツルシキミ葉
2005年11月26日 蕾 八雲2004年3月13日 法吉真山
ツルシキミ蕾 ツルシキミ ツルシキミ蕾


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑