ツルナ(蔓菜)

多年草
北海道西南部〜沖縄の太平洋側の海岸の砂地に生える。全体に細かい粒状突起があってややざらつく。茎は基部地上をはい長さ40〜80cm。葉は長さ1〜2cmの葉柄があり、葉身は厚くて長さ4〜7cm、幅3〜5cm。花は葉腋つき、萼筒は長さ3〜4mm(果時6〜7mm)で肩に4〜5個の突起があり、裂片は広卵形で4〜5片、開花時は内面黄色、花弁はない。雄しべは9〜16。子房は下位、花柱は4〜6。堅果は裂開しない。花期は6〜9月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Tetragonia tetragonoides
ハマミズナ科ツルナ属


2014年6月30日 島根花弁はなく、萼の内側が黄色くなる。萼は4〜5裂する。
ツルナ花 ツルナ花 ツルナ花
花は直径約8mm。萼筒は長さ約4mm。
ツルナ花 ツルナ花 ツルナ花
若い果実。萼筒に5個の突起がある。萼筒は長さ約1cm。直径は約1.3cm、核が1個入っている。
ツルナ果実 ツルナ果実 ツルナ果実
核の上面、直径約7mm。核の側面、長さ約4mm。
ツルナ核 ツルナ核 ツルナ
葉は葉柄を含めて長さ約8cm。粒状突起が密生する。葉の裏面。
ツルナ葉 ツルナ葉 ツルナ葉裏面
葉の裏面には粒状突起が密生する。茎にも粒状突起が密生する。
ツルナ葉裏面 ツルナ葉裏面 ツルナ花茎
ツルナ茎 ツルナ



2012年8月5日 島根
ツルナ花 ツルナ花 ツルナ花
ツルナ葉 ツルナ葉 ツルナ葉
表面に粒状の突起が多い。
ツルナ葉 ツルナ葉裏面 ツルナ葉裏面
裏面の粒状突起。
ツルナ葉裏面
若い葉は白く見える。
ツルナ葉 ツルナ葉 ツルナ葉裏面
茎の粒状突起。
ツルナ蕾 ツルナ茎 ツルナ茎
ツルナ
2014年8月12日 果実 鹿島 果実の側面、長さ約1cm。
ツルナ果実 ツルナ果実 ツルナ果実
果実の正面、直径約1cm。果実の縦断面、上部に硬い核がある。核の上面、直径約5mm。
ツルナ果実 ツルナ果実 ツルナ核
核の側面、長さ約5mm。核の上部の小さな膨らみの下に4室がある。膨らみを除くと室の中に1種子がある。
ツルナ核 ツルナ核 ツルナ核
未熟な種子を含めて4個あった。種子は長さ約2.5mm。核の横断面、この核には6室がある。
ツルナ種子 ツルナ種子 ツルナ核
ツルナ
2009年10月3日 果実 福富若い果実花弁はなく、黄色いのは萼。
ツルナ果実 ツルナ果実 ツルナ花
葉に粒状の突起がある。
ツルナ花 ツルナ花 ツルナ
茎に粒状の突起がある。
ツルナ茎 ツルナ ツルナ
2004年6月13日 鹿島片句果実
ツルナ花 ツルナ果実 ツルナ花
ツルナ ツルナ ツルナ
ツルナ
2005年11月5日 島根大芦
ツルナ ツルナ果実


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑