ツリガネニンジン(釣鐘人参)

多年草。
北海道〜九州の山野に生え、変異が大きい。茎は30〜100cmになり、ほとんど分枝せず全体に毛がある。根生葉は長柄があり、円心形で花時には枯れる。葉は卵状楕円形で細長く先がとがり、3〜4枚輪生状に付き、、ふちには鋸歯がある。まれに互生する。茎頂に円錐花序をつくり、1〜数個の花が輪生して、釣り鐘形で先が5裂してやや広がった淡紫色の花を下向きにつける。時に白花もある。花柱は花冠よりやや突き出し、先が浅く3裂する。萼裂片は線形で長さ3〜5mm、ふちに1〜4個の小さな鋸歯がある。花期は8〜10月。
学名は、Adenophora triphylla var. japonica
キキョウ科ツリガネニンジン属



2005年11月12日 佐草

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン




2005年8月28日 東忌部 雌しべが長い。普通のもの

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン

2004年12月12日 佐草

ツリガネニンジン

2004年8月10日 佐草2002年10月6日 宍道

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン

2003年9月21日 白花 東忌部2003年9月15日 葉は輪生状につく。 佐草

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑