ツクシスズメノカタビラ(筑紫雀の帷子)

越年草
主に近畿以西に分布し、第2苞穎は背ライン下半部がしばしばやや外側に反るような形になる、楕円形。護穎の中側脈は太く隆起し密毛、脈間は無毛;内穎縁見える。(日本の野生植物検索表)
[スズメノカタビラ]
北海道〜沖縄の路傍や人家の周辺、空き地、畑地、果樹園などに生育し、群生する。茎は高さ5〜30cm、偏平・平滑、光沢があり、叢生し直立または斜上する。葉は長さ2〜8cm、幅2〜3mm、線形、先は急にとがる。葉舌は長さ3〜6mm。花序は卵形、長さ3〜8cm、枝は各節に双生し平滑。小穂は楕円形、長さ4.5〜5mm、3〜5小花からなる。小花の護穎は長さ3〜3.2mm、内穎は2.5〜2.8mm。護穎基部の縮毛はない。雄しべは3個、葯は淡黄色、花柱は2個。果実は披針形、腹面はくぼみ淡褐色、無光沢、長さ1.5mm。花期は4〜10月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Poa crassinervis
イネ科イチゴツナギ属
参考 日本の野生植物検索表
 A 葉舌3mm以下
   B 枝やや太く斜上、第2苞穎背ライン下半部がしばしばやや外側に反るような形になる、楕円形 ・・・・ ツクシスズメノカタビラ
   B 枝やや細く開出、第2苞穎背ライン下半部が弓状にカーブする、菱形
    C 倒伏し発根する稈はない
      D 全草帯黄色が多い ;護穎の中脈・脈間に軟毛多い傾向  ;第一小花の葯は0.6mm以下の傾向  ・・・ スズメノカタビラ
      D 全草帯青緑色が多い;護穎の中側・脈間に毛やや少ない傾向;第一小花の葯は0.7mm以上    ・・・ アオスズメノカタビラ
    C 葉の有る稈が倒伏、節発根し新苗出す ・・・・・・ツルスズメノカタビラ



ツクシスズメノカタビラの特徴がはっきりせず、以下のものがツクシスズメノカタビラなのか確証はありません。
2017年4月22日 西浜佐陀

ツクシスズメノカタビラ花序

ツクシスズメノカタビラ花序

ツクシスズメノカタビラ花序

葯は長さ約0.8mm。小穂は長さ約3.5mm。第2苞穎の背はやや反っている。

ツクシスズメノカタビラ葯

ツクシスズメノカタビラ小穂

ツクシスズメノカタビラ第2苞穎

小穂は長さ約3.5mm。第2苞穎の縁が角ばっていない。第2苞穎の背は弓状ではない。

ツクシスズメノカタビラ小穂

ツクシスズメノカタビラ第2苞穎

ツクシスズメノカタビラ第2苞穎

第2苞穎は楕円形、角張っていない。

ツクシスズメノカタビラ第2苞穎

ツクシスズメノカタビラ第2苞穎

ツクシスズメノカタビラ第2苞穎

ツクシスズメノカタビラ

ツクシスズメノカタビラ


2017年4月27日 東忌部

ツクシスズメノカタビラ花序

ツクシスズメノカタビラ花序

ツクシスズメノカタビラ花序

小穂は長さ約3.5mm。第2苞穎の背面は弓状ではない。

ツクシスズメノカタビラ小穂

ツクシスズメノカタビラ第2苞穎

ツクシスズメノカタビラ第2苞穎

第2苞穎は楕円形。

ツクシスズメノカタビラ小穂

ツクシスズメノカタビラ第2苞穎

ツクシスズメノカタビラ第2苞穎

第1小花の葯は長さ約0.7mm。

ツクシスズメノカタビラ第2苞穎

ツクシスズメノカタビラ第1小花の葯

ツクシスズメノカタビラ

ツクシスズメノカタビラ

2017年4月13日 八雲小穂は長さ約4mm。

ツクシスズメノカタビラ花序

ツクシスズメノカタビラ花序

ツクシスズメノカタビラ小穂

3小花がある。第2苞穎の背が弓状でなく、側面が角ばらない。第1小花の葯は長さ約1mm。

ツクシスズメノカタビラ小穂

ツクシスズメノカタビラ第2苞穎

ツクシスズメノカタビラ葯

ツクシスズメノカタビラ

ツクシスズメノカタビラ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑