スギナ(ツクシ)(杉菜(土筆))

シダ植物
全国の平地や山地に普通。地上茎は食用にもなるツクシと呼ばれる胞子茎、その後に出るスギナとよばれる栄養茎がある。栄養茎は節で枝分かれし、内部は中空。葉は退化して節の部分に鞘状となっている。俗に袴(はかま)と読んでいる部分が葉。
学名は、Equisetum arvense
トクサ科トクサ属


2012年4月17日 宍道胞子嚢床が開いている。横断面の下側。胞子嚢から胞子が出る。
スギナ スギナ スギナ
横断面の上側。胞子が出たあと。
スギナ



2012年4月10日 枕木山胞子嚢から胞子が出ている。
スギナ スギナ スギナ
スギナ
2011年3月30日 新庄胞子嚢床が開いて胞子が出てしまっている。葉は退化し鞘状になる。
スギナ スギナ スギナ
枝状のものは葉ではなく、枝分かれした茎。
スギナ スギナ スギナ
葉は退化し鞘状になる。
スギナ スギナ スギナ
2005年3月19日 枕木山
スギナ スギナ
2003年3月8日 松江市大庭
スギナ スギナ
2004年3月28日 風土記の丘2004年3月14日 松江市山代
スギナ スギナ スギナ
2004年4月3日 楽山公園
スギナ スギナ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑