ツクバネウツギ(衝羽根空木)

落葉低木
本州(東北地方の太平洋側、関東・中部地方以西)〜九州の日当たりのよい丘陵や山地に生える。よく分枝して茂り、高さ2mほどになる。樹皮は灰褐色。葉は対生。葉身は長さ2〜6cm、幅1〜4cmの卵形〜楕円状卵形。先はしだいに細くなってとがる。基部は広いくさび形〜円形。縁には不規則な鋸歯があり、裏面の主脈の基部の両側に白色の短い開出毛が密生する。葉柄は長さ1〜3mm、有毛。新枝の先にふつう2個ずつ花をつける。子房は長さ5〜10mmで細長く、一見花柄のように見える。花は白色、ときに淡黄色や淡紅色を帯びる。花冠は長さ2〜3cmの漏斗状で、細い花筒からやや急に鐘状に広がる。先はやや唇状で、上唇は2裂、下唇は3裂する。下唇の内側に橙色の網状紋がある。雄しべは4個、花柱は1個。花筒の基部には棍棒状または球状にふくらんだ蜜腺がある。萼は基部まで5裂し、萼片は長楕円形で長さ5〜12mm。果実はそう果。長さ8〜14mmの線形。9〜11月に熟す。種子は長さ約5mmの細長い円柱形。花期は5〜6月。
冬芽は長さ2〜3mmの卵形。芽鱗は約6対。(樹に咲く花)
学名は、Abelia spathulata
スイカズラ科ツクバネウツギ属
似た花に萼片が2〜3枚のコツクバネウツギがある。


2010年5月30日 枕木山萼は5深裂する。
ツクバネウツギ ツクバネウツギ ツクバネウツギ
脈上に毛が多い。
ツクバネウツギ ツクバネウツギ ツクバネウツギ
ツクバネウツギ ツクバネウツギ



2008年5月6日 鹿島萼片が5枚ある。
ツクバネウツギ ツクバネウツギ ツクバネウツギ
主脈基部に白毛が多い。
ツクバネウツギ ツクバネウツギ ツクバネウツギ
ツクバネウツギ ツクバネウツギ ツクバネウツギ
ツクバネウツギ
2007年4月28日 蕾 鹿島
ツクバネウツギ ツクバネウツギ ツクバネウツギ
ツクバネウツギ
2005年4月30日 八雲
ツクバネウツギ ツクバネウツギ ツクバネウツギ
2014年10月23日 果実 東出雲果実には5個の萼片が残る。
ツクバネウツギ果実 ツクバネウツギ果実 ツクバネウツギ果実
果実は長さ約1cm。微毛が散生する。
ツクバネウツギ果実 ツクバネウツギ果実 ツクバネウツギ果実
ツクバネウツギ果実 ツクバネウツギ ツクバネウツギ
ツクバネウツギ樹皮 ツクバネウツギ
2004年4月24日 総合運動公園 萼が3〜4枚であり、コツクバネウツギのようだ。
ツクバネウツギ ツクバネウツギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑