ツゲ(黄楊)

常緑低木〜小高木
関東以西〜九州の山地。石灰岩地や蛇紋岩地に多い。大きなものは高さ9m、直径50cmほどになる。樹皮は灰白色〜淡褐灰色。古くなると不規則な割れ目が入る。葉は対生。葉身は長さ1〜3cm、幅7〜15mmの倒卵形。先端は小さく凹み、基部はくさび形。ふちは全縁でやや裏面に反る。雌雄同株。葉腋に淡黄色の小さな花を束生する。花序の中央には雌花が1個あり、数個の雄花が取り囲む。雌雄とも花弁はなく、萼片は雄花で4個、雌花では6個。雄しべは長さ6〜7mmで4個、花の外に長くつきでる。雌花の柱頭は舌状で3個。果実はさく果。長さ約1cmの倒卵形で、先端に3個の花柱が角状に残る。種子は長さ6mmほどの長楕円形、黒くて光沢がある。花期は3〜4月。
冬芽の葉芽は長楕円形、花芽は球形。ともに淡褐色で膜質の芽鱗に包まれる。(樹に咲く花)
学名は、Buxus microphylla var. japonica
ツゲ科ツゲ属


2015年4月8日 植裁 佐草花期を過ぎ雄しべが落ちている。雌花の基部を数個の雄花が囲む。
ツゲ花 ツゲ花 ツゲ花
ツゲ ツゲ ツゲ
2011年6月9日 若い果実 植裁 佐草果実の先に3個の花柱が残る。
ツゲ果実 ツゲ果実 ツゲ果実
葉の先端が浅く凹む。枝や葉柄に毛が殆ど無い。
ツゲ葉 ツゲ葉裏面 ツゲ
ツゲ ツゲ枝 ツゲ樹皮
ツゲ ツゲ



2013年3月4日 冬芽(花芽) 植裁 佐草
ツゲ冬芽 ツゲ冬芽 ツゲ樹皮
ツゲ ツゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑