トウネズミモチ(唐鼠黐)

常緑小高木
中国原産。暖地に広く植栽されている。よく分枝し、高さ10〜15mになる。樹皮は褐灰色。多くの皮目がある。枝には粒状の皮目がある。葉は対生。葉身は長さ6〜12cm、幅3〜5cmの卵状楕円形で、基部近くがもっとも幅が広い。縁は全縁で、先はしだいに細くなって長くとがる。厚い革質で、表面は濃緑色、光沢がある。裏面は淡緑色。日にかざすと脈が透けて見える。新枝の先に長さ10〜20cmの大形の円錐花序を出し、白い小さな花を多数つける。花冠はネズミモチより少し小さく、長さ3〜4mmの筒状漏斗形で、なかほどまで4裂し、裂片は平開する。雄しべは2個。葯は花筒から突き出る。花柱は花筒から少し突き出る。果実は長さ8〜10mm、直径5〜6mmの楕円形。ネズミモチよりやや太い。10〜12月に黒紫色に熟す。果実は白い粉をかぶる。種子は黒色で、表面には大きなしわがある。花期は6〜7月。
冬芽の芽鱗は赤褐色で光沢がある。(樹に咲く花)
学名は、Ligustrum lucidum
モクセイ科イボタノキ属
 よく似たネズミモチは花冠の筒部が5〜6mmと長い。種子の表面に小さな突起がある。
果実はネズミモチより丸みのある楕円形。


2013年6月27日 植裁 学園南花の直径は約5mm。花の長さは約2.5mm、筒部が短い。
トウネズミモチ花 トウネズミモチ花 トウネズミモチ花
トウネズミモチは花の筒部が短い。
トウネズミモチ花 トウネズミモチ花 トウネズミモチ花序
葉は対生する。葉先は次第に細くなって長く尖る。
トウネズミモチ花序 トウネズミモチ葉 トウネズミモチ葉
葉の裏面から脈が透けて見える。葉身は長さ約10cm。
トウネズミモチ葉裏面 トウネズミモチ葉 トウネズミモチ葉裏面
トウネズミモチ樹皮 トウネズミモチ トウネズミモチ



2004年7月11日 植裁 大庭花の筒部が短い。
トウネズミモチ花 トウネズミモチ花 トウネズミモチ花
トウネズミモチ葉 トウネズミモチ葉 トウネズミモチ
2009年7月5日 蕾 植裁 大庭葉は基部が最も広い。
トウネズミモチ蕾 トウネズミモチ葉 トウネズミモチ葉裏面
裏面から脈が透けて見える。
トウネズミモチ葉裏面 トウネズミモチ花序 トウネズミモチ
2013年11月5日 果実 植裁 大庭果実は球形に近い楕円形。
トウネズミモチ果実 トウネズミモチ果実 トウネズミモチ果実
果実は7〜8mm。果実は長さ約8mm、直径6mm。種子は2個が向き合っている。
トウネズミモチ果実 トウネズミモチ果実 トウネズミモチ種子
種子は長さ6〜7m。種子の腹面(上)、背面(下)。表面に縦溝がある。
トウネズミモチ種子 トウネズミモチ種子 トウネズミモチ種子
トウネズミモチ果序 トウネズミモチ果序 トウネズミモチ葉
葉の裏面は脈が透ける。
トウネズミモチ葉裏面 トウネズミモチ トウネズミモチ
2013年3月4日 果実 植裁 大庭萎んだ歪な果実。長さ約9mm。
トウネズミモチ果実 トウネズミモチ果実 トウネズミモチ果実
種子は長さ約8mm。生育不良の種子。
トウネズミモチ種子 トウネズミモチ種子 トウネズミモチ果序
トウネズミモチ葉 トウネズミモチ葉 トウネズミモチ葉裏面
裏面から葉脈が透けて見える。
トウネズミモチ葉裏面 トウネズミモチ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑