トウクサハギ(唐草萩)

落葉小低木
中国原産の帰化植物で、法面緑化の種子に紛れて帰化している。

下記の詳細は、「中国植物志」を私が適当に日本語訳したので、間違った説明になっているかもしれない。
 「茎は基部近くで分枝し、長さ30〜100cmになる。枝には稜があり、灰白色の毛がある。托葉は線形、長さ4〜5mm、先端は刺状。葉は3出複葉で、小葉は倒卵形、広倒卵形、長楕円形で、長さ1〜1.5cm、幅0.6〜0.9cm、先端はわずかに凹み、鈍角〜円頭、またはほぼ切形で、刺状突起がある。基部はくさび形。表面はまばらに伏毛があり、裏面は密に白い伏毛がある。側小葉はやや小さい。葉腋に総状花序を出し、明らかに葉の長さを超えて花柄を伸ばす。小苞片は卵形、長さ約1mm、先端は急に尖る。萼は長さ4〜5mm、白い伏毛が多い。5裂し、裂片は披針形又は卵状披針形、長さ2〜3mm、先端は次第に尖る。花は赤紫色、青紫色の多数の花をつけ、旗弁は楕円形、長さ8mm、先端は円形、基部は有柄。翼弁はやや短い。龍骨弁は旗弁より長く、鈍頭。果実は広卵形、長さ約7mm、宿存する萼から出て、毛が密生し、網状の脈がある。花期は6〜9月。」
学名は、Lespedeza floribunda
マメ科ハギ属


2012年9月12日 八雲花は長さ約1.1cm、翼弁が竜骨弁より短い。
トウクサハギ花 トウクサハギ花 トウクサハギ花
旗弁は長さ約8mm。
トウクサハギ花 トウクサハギ花 トウクサハギ
萼は長さ約6mm、毛が多く先は尖る。若い果実は長さ約5.5mm、毛が多い。
トウクサハギ萼 トウクサハギ果実 トウクサハギ果実
先がわずかに凹み刺状突起がある。頂小葉は長さ約1.2cm。
トウクサハギ葉 トウクサハギ葉 トウクサハギ葉
裏面は毛が多い。枝には稜があり、毛がある。
トウクサハギ葉裏面 トウクサハギ枝 トウクサハギ
トウクサハギ トウクサハギ



2011年8月27日 八雲翼弁が少し短い。
トウクサハギ花 トウクサハギ花 トウクサハギ花
萼は細く尖り、白い伏毛が多い。
トウクサハギ花 トウクサハギ萼 トウクサハギ花
花序枝は短い小葉は長さ1.5cm、倒卵形。小葉の先は少し凹み、鈍角〜円頭、切形。
トウクサハギ トウクサハギ葉 トウクサハギ葉
表面に伏毛があり、先端に刺状の突起がある。葉の裏面に伏毛が多い。
トウクサハギ葉 トウクサハギ葉 トウクサハギ葉裏面
茎の稜には白い毛が多い。
トウクサハギ枝 トウクサハギ トウクサハギ
托葉は線形。周囲にイワヨモギも生えている。
トウクサハギ トウクサハギ トウクサハギ
2016年9月10日 八雲
トウクサハギ トウクサハギ トウクサハギ
2011年10月8日 果実 八雲果実は長さ約7mm。
トウクサハギ果実 トウクサハギ果実 トウクサハギ葉
トウクサハギ葉 トウクサハギ葉 トウクサハギ
2014年10月16日 果実 八雲
トウクサハギ果実 トウクサハギ果実 トウクサハギ果実
萼は披針形で先は尖り、果実より短い。果実は長さ約5.5mm、網状の脈がある。
トウクサハギ果実 トウクサハギ果実 トウクサハギ果実
果実の表面は毛が密生し、網目模様がある。果皮の内面。種子は長さ約3.5mm。
トウクサハギ果実 トウクサハギ果実 トウクサハギ種子
トウクサハギ トウクサハギ
2012年7月24日 八雲
トウクサハギ葉 トウクサハギ茎 トウクサハギ
2013年6月6日 若葉 八雲
トウクサハギ葉 トウクサハギ葉 トウクサハギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑